紅葉狩りの由来ってなに?ベストな時期と服装とは?関東の名所はどこ?

leaf-972393_1920

秋になると読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋とともに紅葉狩りも秋の風物詩の一つとしてあげられます。

 

秋は娯楽がより充実して趣味を楽しむのにとっても良い季節なんですよね。

 

紅葉狩りにはどんな由来があって、一つの習慣として広まるようになったんでしょうか。

 

今回はそんな紅葉狩りの由来やベストシーズンと服装、紅葉の名所関東編をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

紅葉狩りの意味と由来

leaves-101329_1920

紅葉狩りとは、山や渓谷などに姿を見せる紅葉を見に出かけることを言いますよね。

 

実際には紅葉を刈り取ったりするわけではなくただ目で見て楽しむことですが、なぜ紅葉狩りというのか疑問に思ったりします。

 

もともと狩りとは猛獣を捕獲する意味で使われていましたが、それが次第に鳥や山に住む小さな動物などにも使われるようになり、その後果物にも使われるようになっていったそうです。

 

果物を自分の手でもぎ取ることで、見て味わって楽しむ果物狩りはイチゴやブドウ、ブルーベリー、桃など様々ありますよね。

 

その後狩りという言葉は植物を眺める時にも使われるようになり、紅葉を見に出かける時にも使われるようになっていったそうです。

 

もともと狩りを中心にした生活が時代とともに変化し、食べ物に恵まれ狩りをしなくなっていった時代背景が感じ取れますね。

 

そんな紅葉狩りにも毎年ベストな時期があるので、その時期を狙って出かけるようにしたいですね。

 

次のページでは、紅葉狩りのベストな時期についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す