片頭痛の薬を飲むタイミングとは?効かない時はどうする?副作用は?

 

conceived-as-1112455_1920

 

片頭痛とは、頭にある血管が拡張して広がることで痛みを感じる症状のことを言います。

 

男性よりも女性に多く、頭痛が起きる前には前兆としてチカチカと光るまぶしさを感じたり手足の痺れなどが起きます。

 

片側に強い痛みを伴うことが多く、症状が重いと吐き気や嘔吐など激しい症状が出ることもあるので出来るだけ抑えるために薬が使われます。

 

いつ飲んでもよいというわけではなく、飲むべきタイミングが存在するので出来るだけその時に飲めるようにすると良いでしょう。

 

そこで今回は、片頭痛の薬を飲むタイミングや効かない時の対処法、副作用などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

片頭痛の薬を飲むタイミングはいつ?

 

cup-1392687_1920

 

片頭痛の薬は、主に誰でも薬局などで買える市販薬と医療機関で医師の処方が必要な薬があります。

 

市販薬と処方薬では、作用が違ってくるので片頭痛の程度や症状に合わせて薬を選ぶと良いでしょう。

 

市販薬は、主に軽い頭痛に対処できるとされていて炎症を鎮める働きがあるので片頭痛が起きそうな前兆がある時や頭痛が起きたばかりの段階ですぐに服用すると良いとされています。

 

代表的な成分には、「ロキソプロフェン」、「イブプロフェン」、「アセトアミノフェン」などの種類があります。

 

一方の処方薬は、代表的なものにトリプタン系薬剤エルゴタミン薬剤があり、トリプタン系薬剤は片頭痛が起きて痛みが出てからこれから酷くなりそうと感じる段階で飲むと良いと言われています。

 

エルゴタミン系薬剤は、血管の拡張を未然に防いで炎症を予防するので痛みが出る前の前兆が感じられるような段階で服用することで痛みが出る前に症状が出るのを食い止めます。

 

病院で処方されるものは、強い症状にも対処できるものが多いと言われています。

 

薬を飲んだのは良いものの、なかなか効かないこともありますがそういった時はどうしたら良いんでしょうか。

 

次のページでは、薬が効かない時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す