ますかけ線は右手と左手で違う?男女での違いとは?

horse-shoe-110987_1920

ますかけ線とは別名「百握り」と呼ばれるほど、非常に運の強い手相であると言われています。

 

片手にあるだけでもかなりの強運の持ち主なのですが、ごく稀に両手にあるという人も存在しています。

 

片手にある人でも、右手と左手、更に男性と女性でもそれぞれのますかけ線がもつ意味合いは変わってくるんだとか。

 

そこで、今回はそんなますかけ線の右手と左手の違い、男女での違い、赤ちゃんのますかけ線などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ますかけ線は右手と左手で違う?

hand-506754_1920

ますかけ線はごく稀に両手にある人も居ますが、割合的に片手にだけある人のほうが多くなります。

 

左手にだけますかけ線がある人は、大体35歳くらいまでは運気の上がり下がりも極端で珍しい仕事に就くことも多く独自の人生を突き進もうと努力します。

 

珍しい仕事というのは、専門的な分野の仕事だったり就く人が少ない業種などです。

 

そして35歳を過ぎると段々環境に落ち着いてきて現実的になってくるので、達成したい目標や夢があれば早いうちから行動に移していくことが開運の鍵となっています。

 

一方、右手だけにあるという人は、35歳頃になると人生のターニングポイントと言える機会が訪れるそうです。

 

今まで目標が特に無かった人も、自分の人生や性格までも劇的にに変わって行くので35歳以降は今まで以上にアクティブに行動していくと良いそうです。

 

左手は基本的に先天運と言われ、もともと生まれ持った運の強さがあり、右手は後天運と言われ、自分の努力次第で運が決まると言われています。

参考:ますかけ線が両手にある確率と性格、適職について記事はこちら

 

なので、左手にあって先天運が強い場合は生まれ持った運に頼るだけでなく自分の力で切り拓いていくことが求められそうです。

 

右手にあって後天運が強い人は、努力を続けられるように根気よく粘り強く行動に移していくことが成功につながるのかもしれません。

 

次のページでは、女性と結婚運の関係についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す