窓拭きの洗剤の代用には新聞紙が使える?その理由とやり方は?

image

年末の大掃除や花粉症対策など、年にほんの数回でも窓拭きの掃除をする機会はあると思います。

 

窓は高い場所にあったりするので危ないですし、一人でやろうと思ってもなかなか掃除がしにくい場所でもあります。

 

そんな時に洗剤を使いながら、上手に掃除するのは位置によっては難しいこともあります。

 

そこで、洗剤も使わずに簡単に掃除が出来る方法の一つとして新聞紙が良いと言われています。

 

今回は洗剤の代わりに新聞紙を使って掃除するやり方とその理由、コツなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洗剤の代用に新聞紙を使うやり方

image

窓ってよ〜く見ると結構汚れているんですよね。

 

ホコリだったり手垢だったり、部屋の湿気によるカビだったり小さな汚れが積もり積もっていますし、普段はあまり頻繁に掃除しない場所でもありますからね。

 

手に入りやすい新聞紙を使えば、洗剤や雑巾を使わずに綺麗に出来るのでとっても便利です。

 

新聞紙の使い方ですが、まず新聞紙を手に取りテニスボールぐらいの大きさにクシャクシャに丸めたものを数個作ります。

 

数個作ったら、そのうちの半分の個数は軽く水に濡らして湿るぐらいの状態にしておきます。

 

先に湿らせたほうの新聞紙のボールで窓全体を拭いていき、その後に湿らせてない乾いた新聞紙のボールで拭いていきます。

 

これだけで窓拭きをするための道具は手に入れられるので、簡単に出来ますね。

 

見終わっていらない新聞紙が沢山ある時などは、雑巾や洗剤を使わずに出来るのでエコになりますね。

 

綺麗に汚れを落とすには、コツも合わせて覚えておくと良いでしょう。

 

次のページでは、汚れをしっかり取るための拭き方・コツについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す