スーツケースの重さの量り方とは?あると便利な荷物用吊りはかりの選び方

 

旅行に出かける時、出張などで飛行機に乗る時などスーツケースが必要になる機会は色々とあると思います。

 

自宅ならば、事前に重さを量って行くことが出来ますがお土産を買ったりと荷物が増えればどんどん重くなりますし出先では簡単に量ることは出来ません。

 

そんな時に、あると便利なのがデジタル式の荷物用の「吊りはかり」になります。

 

携帯できるコンパクトなものが多く、持ち運びしやすいので空港でも旅行先の現地などでもどこでも簡単に量ることが出来るのでストレスも少なくて済むはずです。

 

そこで、今回はスーツケースの重さの量り方とあると便利な荷物用吊りはかりのおすすめ、使い方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

スーツケースの重さの量り方

 

スーツケースのサイズや重さは、それぞれの航空会社によって決められているので微妙に違っています。

 

もちろん、国内線によっても国際線によっても違ってくるのでまずは使う航空会社の公式HPなどで事前にどのくらいのサイズのスーツケースが良いのか、重さは何キロまで大丈夫なのかチェックしておく必要があります。

 

スーツケースを量る時は、一般的には自宅にある体重計を使うことが多いと思います。

 

荷物が基本的に少なく、お土産などもそんなに買わなくて良いのであれば決められた重さを超えることはまずないかもしれませんが、荷物が多めの人やお土産を沢山買う時は念のため量っておいたほうが安心ですね。

 

航空会社で決められているスーツケースのサイズがありますが、キャスターや持ち手部分も含めて多少数センチオーバーしていても実際はそれで超過料金が取られることはまずありません。

 

それよりも、重さが重要なので重くなりすぎないようにチェックすることが大事なんですね。

 

体重計を使って量る時は、荷物だけ乗せて量ることが多いと思いますがそうなるともともとスーツケースの面積が広いので上手く体重計に乗っからずに計量できないことがあります。

 

側面を下にして、手で押さえながらようやく量れるくらいだと思います。

 

体重計で量る時は、一番良いのはまず先に自分で乗ってみて体重を量りそれからスーツケースも持って体重計に乗ることです。

 

そうすれば、自分の体重+スーツケースの重さから体重の分だけを引けばスーツケースの重さが出ますからね。

 

ですが、今は便利な「荷物用吊りはかり」というものがあるので一つあるとどこでも使えて便利だと思います。

 

次のページでは、あると便利な荷物用吊りはかりの選び方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す