ソフトコンタクトレンズの外し方のコツとは?充血を防いで簡単に!

 image2-1

今は、医学が進みレーシック手術を受けることでレンズやメガネなしでも裸眼で視力を改善することが出来ます。

 

それでも、メガネよりも見た目が良く機能的にも優秀なコンタクトレンズは根強い人気があります。

 

視力改善の目的でなくても、見た目の印象を良くする目的でカラコンも使われているのでまだまだコンタクトレンズの役割は沢山あります。

 

私自身、視力が相当悪いのでソフトコンタクトレンズ愛用者ですが唯一困るのが外す時です。

 

ソフトコンタクトレンズは、なかなか外れない時があり失敗を繰り返すと全然取れなくなりしまいには充血してしまいます。

 

目に傷をつけないようにするためにも、ソフトコンタクトレンズの外し方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

ソフトコンタクトレンズは酸素の透過率が低い

 

コンタクトレンズには、主にソフトタイプとハードタイプがあります。

 

ハードタイプは、黒目の部分を覆う形で小さめに出来ているタイプで角膜上で動きやすいので酸素も取り込みやすくなっています。

 

酸素を取り込みやすいということは、目が乾きにくくなるので目の健康にはそのほうが良いですよね。

 

ですが、一方でレンズが動きやすいという特徴からやや装着感が悪く小さなごみが入るとめちゃめちゃ痛いらしく一度レンズを外さないと治まらないこともあります。

 

ソフトレンズの場合は、黒目だけでなく白目の部分も覆う形になっているのでハードタイプと比べるとかなり大きめです。

 

その分、動きにくいのでフィット感があり装着してもあまり違和感を感じません。

 

しかし、動きにくい=酸素を取り込む機会も少ないことから、目が乾きやすく乾燥からくるゴロゴロした感じや視界がぼやけることもあります。

 

ハード、ソフトともにプラスチックの一種で出来ているのですが特徴や使用感はけっこう差があるんですね。

 

ハードは硬くて一見ガラスのような感じですが、ソフトはぷよぷよとかなり柔らかいです。

 

私はソフトコンタクトレンズ、母がハードコンタクトレンズなので実家で似た様な洗浄ケースを使っていてもレンズの大きさが違うので間違ってケースを開けても間違って装着するということはないのでそこは良かったなと思っています。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す