レモングラスティーの入れ方とは?ブレンドして飲む飲み方は?

drop-of-water-7720_1920

高いリラックス作用があり、消毒作用によるニキビの改善や予防、消化を促し胃を丈夫にしてくれるなど様々な作用があると言われるレモングラス。

 

ふわっと香る爽やかなレモンの香りが魅力で、人気のハーブの一つになります。

 

料理を始め、お風呂に入れたり、アロマオイルなどとしても使われるほか、ハーブティーとしてもよく飲まれていますね。

 

美味しく飲めるお茶の入れ方もありますし、ブレンドして飲むのであれば一体どんなものが合うんでしょうか。

 

レモングラスに合う茶葉は色々なものがあるので、その時の体の調子にも合わせながら自分にとってベストなブレンドで美味しいお茶が飲めるようにしたいですね。

 

そこで、今回はレモングラスティーの入れ方や味、飲み方、ブレンドに合うものなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

レモングラスティーの入れ方

antioxidant-163875_1280

レモングラスティーの入れ方ですが、香りをより引き出すために少し熱めのお湯を入れるのが基本です。

 

高温でないとエキスが抽出されにくいので、必ず沸騰させたお湯を使いティーポットもカップも一度しっかり温めてから入れると更に良いそうです。

 

茶葉は、軽く一つまみくらい(生の場合はティースプーン3杯くらい、ドライであればティースプーン1杯程度)を用意します。

 

そして、ティーポットに入れたら300㏄くらいのお湯を入れて蓋をしそのまま約5分蒸らします。

 

それ以上長いと香りが水蒸気になって逃げてしまいますし、それ以下でも香りが十分に出ないので大体5分程度を目安にして入れるのがポイントですね。

 

ホットではなくアイスで飲む場合は、お湯は少なめに入れて蒸したらその後氷を入れるようにするのが良いですね。

 

次のページでは、レモングラスティーの味と飲み方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す