狭心症の急な発作時の対処法とは?予防にはお茶が使える?

kat

狭心症は、血管の内部が何らかの影響で狭くなっている時に心臓へ上手く血液や酸素を届けることが出来なくなり体に不調が出る発作です。

 

狭心症の種類や原因によっても発作が出るタイミングというのは違うものですが、出来れば発作が起きてもすぐに対応できるようにしたいところです。

 

また、予防するには日頃からどんな対策を取るべきなんでしょうか?

 

今回は狭心症の発作が起きる頻度や発作時の対応、予防するために取り入れたいお茶などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

狭心症の発作が起きる頻度とは?

steps-1081909_1280

狭心症はタイプによっても違いますが、発作が起きても一般的には長い時間続くことは無く15分以内には長くても治まります。

 

一般的に、急に締め付けられるような痛みや圧迫感、動悸や息切れがして呼吸が苦しくなったりすることが多いです。

 

労作性狭心症であれば、運動や体を動かすことを止めればすぐに、5分以内には治まることが多いと言われています。

 

もう一つのタイプである安静時狭心症の場合は冠動脈が痙攣を起こすことで起きるので、安静にしていても発作を起こすことがあり特に夜中から明け方が多いそう。

 

安定していれば月に1回か2回くらいの頻度で起きますが、最初は安定していても突然頻度が多くなることもあります。

 

毎日発作が起きたり、一回に意識が飛ぶなど強い発作が起きるとすぐに病院で処置してもらう必要があります。

参考:狭心症の症状の前兆や発症する原因、治療法についての記事はこちら

 

もしも急な発作が起きた場合には、冷静に対処することが大事になるので落ち着いて行動するようにしたいですね。

 

発作時にどうすれば良いかがわかれば、いざという時スムーズに動くことが出来るはずです。

 

次のページでは、急な発作時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す