京都五山送り火が見える穴場スポットと特別プランで過ごすおすすめホテル

 

match-268528_1920

 

京都五山送り火というのは、京都府は京都市左京区の「如意ヶ嶽」を中心に照明として燃やす火であるかがり火を行う行事のことを言います。

 

京都で古くから伝わる伝統行事として、祇園祭や葵祭、時代祭とともに京都の4大祭りの一つとして数えられています。

 

盆明けとなる8月16日に、お盆期間中にこの世に戻ってきていた魂をまた向こうの世界へと無事送り届けるための行事の一つとなっています。

 

お盆を締めくくる大事な行事ですが、送り火を見ようと全国から人が集まり6万人ほどの人出があるとも言われている行事です。

 

せっかくなので、人込みを避けてゆっくりと景色を楽しめる穴場や食事を取りながら宿泊しながら楽しめると良いですよね。

 

そこで今回は、そんな京都五山送り火の日程と穴場ホテル、雨天時の開催などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

京都五山送り火の日程・定番の場所

 

kyo

 

お盆最終日となる毎年8月16日の午後8時になると、5分ごとに5つの山でかがり火が行われるのが京都五山送り火になります。

 

一番最初は午後8時きっかりに、大文字が京都市は左京区にある浄土寺の「大文字山」から始まります。

 

午後8時5分には、松ヶ崎妙法が同じく左京区にある松ヶ崎の「東山西山」で点火され、舟形万灯篭が8時10分には北区西加茂にある「船山」で行われます。

 

8時15分には、北区大北山の「左大文字山」で行われる左大文字、最後の8時20分には右京区は嵯峨鳥居本の「曼陀羅山」で鳥居形松明が行われるようになっています。

 

送り火がよく見える定番のスポットとしては、以下のスポットがあげられます。

 

◎送り火が良く見えるところ

「大文字」・・・賀茂川堤防

「妙、舟形」・・・北山通

「法」・・・高野川堤防

「左大文字」・・・西大路通

「鳥居形」・・・広沢の池、松尾橋

 

ただ、この辺りは定番のスポットということもあり多くの人が詰めかけ混雑しやすいです。

 

少し離れたとしても、人込みを避けてゆっくり見られる場所があったらそのほうがもっと楽に楽しめるかもしれません。

 

次のページでは、穴場スポット・ホテルなどについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す