口臭の原因と予防対策は口内の潤いが鍵?考えられる病気との関係

 

men

 

人と間近で会話する時、マスクを使っている時など自分でふと口臭が気になったことがあるという人は多いようです。

 

接客業の場合は特に、お客さんとの距離も近いためマナーの一つとして気に掛ける必要もありますよね。

 

また、少し口臭が気になる程度ではなく悪臭がするなど症状が酷い場合は病気との関係もあるので気を付けたいものです。

 

今回は口臭が起きる原因と予防対策、病気との関係などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 口臭が起きる原因とは?

 

tooth-brushes-1117266_1920

 

口臭が起きる原因ですが、主に細菌の繁殖によるものが考えられます。

 

舌には少なからず舌苔という白っぽく見えるものがありますが、その部分に食べかすなど汚れが溜まると細菌は繁殖しやすくなります。

 

寝ている時や緊張している時などは、唾液の分泌が少なくなるので唾液が少ない時も細菌が繁殖しやすい環境になるのだそう。

 

日中でも、空気が乾燥していたり運動や発声などしてこまめに水分補給が出来ていないと口内も乾燥しやすくなり細菌は活動しやすくなります。

 

唾液には細菌の繁殖を抑えて口内を清潔に保つ作用があるので、口臭を予防することが出来るようになります。

 

口臭を手軽に予防するには、まずは唾液の分泌を促していくということが大事になりそうです。

 

次のページでは、口臭の予防対策のために出来ることについてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す