こめ油の効能とは?製法は圧縮一番搾りを選ぶべき?

rice-485814_1920

油にも色々なものがあり、健康や美容のためには油選びが重要とよく言われたりします。

 

そんな油の中の一つとして知られるこめ油は、米糠から抽出される油のことなので米糠油とも呼ばれたりします。

 

お米が原料となっている植物油で、数ある油の中でも健康や美容に良いと注目されている油でもあります。

 

今回は、そんなこめ油の効能と選び方、美容オイルとしての使い方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こめ油の効能

 

健康や美容に良いと言われる油にも色々あるので、一体どれが良いのか迷ってしまいますよね。

 

私自身、ココナッツオイル、エキストラヴァージンオイル、亜麻仁油など体に良い油が注目されるたびに色々な油を使っています。

 

一番は、自分の体に合う油を取ることが大事だと思うので色々試してみるのも良いかもしれません。

 

こめ油は油なのにあっさりとしていて軽い口当たりの油で、油っこい食べ物が苦手という人にも好まれる油の一つです。

 

油っぽいものを食べるとなんとなく胸やけがするような気分が悪い感じがするものですが、こめ油はそれが起きにくいほど軽い感じがすると言われています。

 

天ぷらを揚げてもカラッと揚がるのでサクサクした食感が得られ、熱にも強いので成分が壊れにくいのも魅力です。

 

こめ油にはオレイン酸、ビタミンEが豊富で、リノール酸トコトリエノールガンマ・オリザノール植物ステロールが含まれています。

 

オレイン酸は血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールはそのままにして動脈硬化高血圧、心臓病を予防する作用があると言われています。

 

ビタミンEは老化を防ぐアンチエイジングに、リノール酸はコレステロール値を下げて成人病の予防に、トコトリエノールはビタミンEを凌ぐ高い抗酸化力があります。

 

ガンマ・オリザノールは神経痛を癒し、高脂質血症心身症を予防改善する働き、植物ステロールはコレステロールが体内に入って蓄積されるのを防ぐ作用があると言われています。

 

油と聞くと、高カロリーで太りやすくあまり体に良くないイメージもありますが必要な量だけ取れば体には良い作用が色々ある油も多いです。

 

こめ油は、熱に強いので高温で調理しても独特のニオイがすることもなく風味を損ねることもなく豊富な抗酸化成分によって劣化しにくいのだそう。

 

そんなこめ油にも、色々な製法があるのでその製法を基準に選ぶようにすると良いと考えられています。

 

次のページでは、こめ油を選ぶ時に気を付けたい製法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す