気温差アレルギーの主な症状はじんましん?対策と治療法は?

branch-635002_1920

気温差アレルギーとは、その名の通り気温の差が激しいことで起こるアレルギーのような症状のことです。

 

アレルギーのような症状には個人差もあり、様々な症状が出ますがじんましんのような症状が代表的です。

 

一体なぜ起こるのか、症状が出ないようにするための対策や治療法はあるんでしょうか。

 

今回は気温差アレルギーとじんましんの関係、かゆみの症状や対策、治療法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

気温差アレルギーのじんましんは二種類ある

blizzard-15850_1920

冬は湿度が低く空気が乾燥しやすいので、気温差が激しくなくても乾燥によるかゆみは起こりやすい環境になっています。

 

特に乾燥肌などでなく、普通に丈夫な肌の人でも秋冬は乾燥しやすい人は多いです。

 

ですが毎日日常的にじんましんのような酷いかゆみがあれば、それは気温差アレルギーの影響が考えられます。

 

気温差アレルギーで起こるじんましんには大きく分けて二種類あり、気温が低いところから高いところに移動した時に出るものが温熱じんましんと言います。

 

反対に、気温が高いところから低いところに移動した時に出るものを寒冷じんましんと言います。

 

温熱じんましんは例えば気温が低く寒い外から暖かい建物の中に入って暖房の風に直接当たったり、熱いお風呂に入ったりすることで出ることが多いです。

 

寒冷じんましんは、その逆で暖かい屋内から寒い屋外に出ることで急に出るじんましんです。

 

気温差が激しくなる冬から春先にかけて発症することが多いですが、他の季節でも気温差が激しくなれば年中出る可能性はあるんです。

 

少しくらいかゆみが起こる程度であればまだ良いですが、痒くてしょうがないくらいになると困りますしうっかり掻き過ぎて皮膚を傷つけるのもまた困ります。

 

他にも、くしゃみや咳など風邪の症状や鼻水が出るなど鼻炎が疑われるような症状が出ることもあります。

 

参考:じんましん以外の症状についての寒暖差アレルギーの記事はこちら

 

次のページでは、寒暖差アレルギーの治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す