血行障害の症状と改善方法とは?何科を受診すべき?

book-691407_1280

血行障害とはその名の通り、血液の流れが何らかの影響で妨げられてスムーズに血液が流れなくなることです。

 

血管は体全体に張り巡らされているので、どこか一か所でも血行障害があると体の不調を感じるようになります。

 

そんな血行障害の症状には、一体どんなものがあるんでしょうか。

 

今回は血行障害の症状と改善方法、受診する時は何科に行くべきなのかについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

血行障害の主な症状

 

血行障害は体の中でも血流が悪くなりやすい、コリやすい部位である肩や首に起きやすく体全体のむくみも引き起こすと言われています。

 

手足の冷えから肌荒れ、ニキビなど美容面にも悪影響を与えてしまうのだそう。

 

頭痛や腰痛、眼精疲労など慢性的な痛みが続いているる場合はもしかするとそれは血行障害によるものなのかも知れません。

 

女性に多い静脈瘤や高血圧、動脈硬化、脳梗塞など命の危険もある病気を引き起こすこともあるのでただの血行不良とは言い難いんですね。

 

寒さからくる冷えや、たまたま長時間同じ体勢を取っていたことで起きる血行障害もありますが、健康な人でも一時的になることはありますし普通は少し体を動かせば元に戻ることがほとんどです。

 

ですが、少しの間椅子に座っていただけで足がしびれたり、少し重いものを持っただけで腕や手がしびれるのは慢性的な血行障害の可能性があります。

 

日常的な簡単な動作で、ちょっと体を動かしただけでしびれてしまうのは特に要注意です。

 

次のページでは、原因を知り少しでも症状を改善する方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す