顔の血行を良くする体操・運動方法とは?ニキビやニキビ跡も改善するには?

beautician-1012187_1280

顔の血行が悪いと顔色が悪くなるだけでなく、ニキビが出来る原因になったりニキビ跡の治りが悪かったり、くすみやクマ、むくみなどの要因にもなります。

 

顔の血行が悪いだけで、なんだか疲れているような調子が悪いような印象になることもあります。

 

血色が良いとその分肌も明るく見えますし、より若々しく見えるなど見た目の印象もだいぶ変わってくるはずです。

 

今回は、顔の血行が悪くなる原因や改善する方法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

顔の血行が悪くなる原因

mirror-997600_1920

顔色が良くない、血行の悪さにもいくつか種類があります。

 

顔色の悪さは大きく分けて、血行が悪くなっている青白っぽい顔と老廃物が溜まっている茶色っぽい顔に分けられます。

 

青白っぽい顔は不健康そうな元気が無さそうなイメージを与えがちで、冷えが原因の血行不良によるものが多いのだそう。

 

なので、顔全体のコリをほぐすようなストレッチが必要だと言われています。

 

茶色っぽい顔は具合が良くなさそうな疲れているようなイメージを与えがちで、疲労や寝不足が原因の血行不良によるものが多いのだとか。

 

そのため、血行を良くするというよりはリンパをしっかり流してあげるマッサージが必要になります。

 

顔のコリをほぐすストレッチは、口を「い」の形に思いっきり開いて左右のこめかみを軽く押し、数秒キープしたら次は「あ」の口の形で左右のこめかみを軽く押します。

 

リンパを流すマッサージは、指三本を左右のこめかみに当てたら軽く押しながら耳の横→耳の下→首の下まで真っ直ぐ下に向かってマッサージしていきます。

 

顔の血行が良くなるとニキビやニキビ跡も改善しやすくなるので、洗顔後や入浴後などの血行が良くなりやすい時や寝る前などに試してみると良いでしょう。

 

ちょっとした顔の運動、体操を行うことで比較的他の部位と比べても結構は促進しやすいのかもしれないですね。

 

顔の血行不良ですが、実は顔に原因があるのではなく頭皮が原因となることもあるようです。

 

次のページでは、頭皮の血行を良くすることも大事な理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す