雷おこしの由来とは?家で出来る作り方・賞味期限は?

賞味期限はどのくらい?

 

kitchen-328011_1920

 

市販で売られているものは、未開封であれば二か月から最大で三か月くらいが賞味期限となっています。

 

ですが、雷おこしは高温多湿に弱いので春から夏にかけての時期は特に早めに食べてしまうほうが良さそうです。

 

一度開封したものは、密閉できる容器に入れて更に乾燥剤もいくつか一緒に入れて湿気らないようにしましょう。

スポンサーリンク

自宅で作るものに関しても、保存料などが入っていない状態なので数日程度で食べきってしまいたいですね。

 

生ものではないので割と日持ちはするお菓子の部類になりますが、日が経ちすぎるとサクサクした食感や風味が損なわれてしまうので出来るだけ早めに食べてしまいたいですね。

 

湿気ってきたものに関しては、軽くフライパンで焼いてから食べるようにすると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

雷おこしの由来や家で出来る作り方、賞味期限の目安などについてご紹介しました。

 

雷おこしのようなお菓子って、普段あまり頻繁に食べるものではないと思いますがたま~にふと食べたくなったりします。

 

市販のものを買って食べるのも良いですし、時間があれば製造体験するのもとっても楽しめそうです。

 

ですが、時間があれば材料を揃えて自宅で作って色々なフレーバーのものを楽しむのも自分好みの味が追求出来てまた良いと思います。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す