角栓パックのコツは毛穴を開いておくこと?剥がし方?時間はどれくらい?

sink-96082_1920

男性でも女性でも毎日しっかり洗顔していても何らかの原因で、角栓が目立ったり気になったりすることってありますよね。

 

特に小鼻周りって、汚れが落ちにくい部分でもありますし触ってもザラザラしたり角栓が特に気になる場所であったりします。

 

そんな角栓が綺麗さっぱり無くなったらすっぴんにも自信がつきますし、化粧ノリも良くなるなどメリットが増えるはずです。

 

そこで、今回は角栓パックのコツと剥がし方やタイミング、置く時間などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

角栓パックのコツは事前に毛穴を開く

facial-603161_1920

角栓が詰まった状態や毛穴が開いている状態、黒ずみがある状態は総称してイチゴ鼻と呼ばれたりします。

 

イチゴ鼻になる原因としては古くなった角質や皮脂が、空気中に含まれるホコリや手からの雑菌で酸化していることがあげられます。

 

手っ取り早くピンセットや毛抜きで抜いたり、つまんで角栓を押し出して取ろうとすると毛穴は余計に開くだけでなく皮膚が傷ついて痕になったり、炎症を起こすこともあるのでおすすめ出来ません。

 

そこで巷で支持されているのが、市販の毛穴パックにオロナインを一緒に使った通称オロナインパックというものです。

 

・用意するものは市販の毛穴パック(メーカー指定無し)

・オロナイン軟膏(容器タイプでもチューブタイプでもどちらでも)

 

たったこれだけで本来の毛穴パックが持つ吸着力を最大限に引き出せるようになるので、角栓がびっくりするくらい根こそぎ取れるというわけです。

 

コツとしては、まずパックの前に水ではなくぬるま湯で顔全体を洗うか若しくはホットタオルで顔全体を温めることです。

 

これを行うことで毛穴をしっかり開いて、角栓が取れやすくなるからです。

 

次に小鼻を中心に洗顔料で軽く洗って流したら、顔を拭いて角栓が気になる部分にオロナイン軟膏をたっぷり塗って10分放置します。

 

10分後洗顔料を使ってオロナイン軟膏を洗い流し、毛穴パックのシートを貼るという流れになっています。

 

次のページでは、重要なポイントである剥がし方と守るべき時間についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す