花粉症のレーザー治療の効果と副作用とは?治療にベストな時期は?

plant-692141_1280

春頃になると花粉が多く飛散されるようになり、花粉に接触するとアレルギーが起きる花粉症。

 

目がかゆくなったり、鼻水が止まらなくなったり、腫れやむくみが出たりと症状が重ければ重いほど辛く外出するのも一苦労だったりします。

 

この時期は、仕事に支障が出ることもありますしプライベートもなんとなく気分が落ちたり出かけるのが億劫になってしまう人も多いようです。

 

毎年何カ月もの間花粉症に悩まされるよりも、しっかり治療して症状が軽減出来たら良いですよね。

 

そこで、今回は花粉症のレーザー治療のメリットとデメリット、治療を行うべき時期などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症のレーザー治療のメリット

 

まず、花粉症のレーザー治療はどういった治療になるのかと言うと、花粉がアレルゲンとして反応してしまう鼻の奥にある粘膜部分の一部を焼くという治療法です。

 

焼いた部分が火傷のような状態になることで、花粉と接触してもアレルギー反応が起こりにくくなるという仕組みですね。

 

焼くと言っても粘膜の一部を焼いて除去してしまうのではなく、外側の表面を焼くので手術自体すぐ終わるので負担も少ないと言われています。

 

イメージすると、皮膚の一部を焼くというのは恐怖でしかないですが想像するよりもずっと楽に済みそうです。

 

多くの人に効果があると言われているので、花粉症対策を色々試したけどなかなか成果が出なかったり症状が酷い場合は検討してみるのも良いかもしれないですね。

 

鼻水が止まらなくて仕事にも支障が出るという場合や、鼻がとにかく詰まってゆっくり睡眠を取ることも難しいような鼻の症状が重い場合に良いようですね。

 

メリット

・鼻水鼻詰まりなど鼻の症状改善に良い

・治療時間が短い

・体への負担が少ない

 

どんな治療法にもメリットがあればデメリットもありますが、レーザーを使った治療を行うことでデメリットにはどんなものがあるんでしょうか。

 

次のページでは、メリットと一緒に知っておきたいデメリットについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す