花粉症の症状と自分で出来る対策とは?毎年のピーク時期はいつ?

 

植物の花粉の飛散が原因で起きる、アレルギーの一種である花粉症。

 

症状は個人差がありますが、花粉の飛散がピークになる時期は本当に外出するのが億劫になりますよね。

 

少しでも症状を抑えて花粉症のことなどあまり考えずに、快適に過ごせる対策があれば楽になるものです。

 

そこで今回は花粉症の主な症状と対策、気を付けるべきピークの時期などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症の辛い症状

 

花粉症は昔はほとんどかかることのない病気だったそうですが、現在では海外から日本に持ち込まれた品種の植物も増えたことや緑を増やすために行ってきた植林でアレルゲンとなる花粉が大量に作られるようになったこと、林業の人手不足から植物の管理が行き届いていないことなどが原因で頻繁に起こるようになったそう。

 

花粉症になる人は、留まることを知らずにその数は年々増えていっているそうです。

 

小さい頃から花粉症だったという人だけでなく、大人になって普通に過ごしていたのにある日突然発症するパターンも少なくないのだとか。

 

そんな花粉症の症状には鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみや充血、まぶたの腫れなどがあります。

 

なんとなく風邪の症状と似ていますが、風邪よりも症状が重く出る場合が多く目に症状が出るのが特徴です。

 

鼻水はサラサラとした透明で水のようなものが出たり、鼻では息ができないくらい両方の鼻が詰まってしまったり、くしゃみは何度も続けて出て止まらなかったりします。

 

風邪ではほとんど目には症状は出ませんが、目のかゆみや涙が止まらなくなったりすることもあるのでそこで花粉症に気づくというパターンが多いようです。

 

酷くなると、夜眠れずに不眠になったり鼻詰まりのせいで頭痛が起こるなど不調を感じやすくなると言われています。

 

症状を最小限に抑えるには、それなりの対策が必要になります。

 

次のページでは、花粉症の被害を最小限に抑える対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す