自律神経失調症の治し方と対策とは?食事や運動・呼吸法が大事?

 

rock-731140_1280

 

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかずにバランスが崩れてしまうことです。

 

大きなストレスがあったり、不規則な生活をしがちだと発症することが多いので現代で増えている症状の一つです。

 

症状が酷いと体のコントロールもしにくくなってくるので、出来るだけ改善させたいものです。

 

そこで、今回は自律神経失調症の治し方や対策、治療にかかる期間の目安などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自律神経失調症の治し方は呼吸法を使う?

 

stones-944149_1920

 

自律神経失調症は自律神経が乱れることで起き、心や体に様々な症状が出ることです。

 

自律神経は白血球との結びつきが強いので、乱れた状態が長く続くとそれだけ免疫力が落ちて病気に結びつく可能性も出てきます。

 

心療内科やメンタルクリニックなどを受診すれば、治療薬を処方してもらったり色々なアドバイスをもらうことも出来ます。

 

ですが、自律神経は呼吸法で改善したり上手くいけば治すことが出来ると言われています。

 

呼吸法とは、腹式呼吸のことでゆっくりと鼻から息を吸ってゆっくりと口から息を吐き出すことを繰り返します。

 

息を吸う時はお腹が膨らむように、息を吐く時はお腹が凹むように意識して呼吸します。

 

普段、人間が皆無意識のうちに行っている呼吸法は胸式呼吸と言って吸う息も吐く息も短いものなので、交感神経を刺激してしまいます。

 

交感神経が刺激された状態でこれに疲れや日頃のイライラなどが重なると、呼吸はもっと浅いものになって余計に交感神経を刺激して心も体も休まらないのだそうです。

 

一方の腹式呼吸はというと、静かにゆっくりと深い呼吸をすることで横隔膜が動くようになります。

 

横隔膜周辺には自律神経が集中していると言われているので、動かすことで自律神経が刺激を受けて副交感神経が活発になるのだとか。

 

副交感神経は日中動いている時に活発になる交感神経と反対に、体が休まる夜に活発になるので眠っている時同様にリラックスした状態になります。

 

普段無意識にやっていることを意識的にやるのは難しいことですが、慣れると簡単に出来るようになるはずです。

 

活発になり過ぎた交感神経の働きを和らげて副交感神経を働かせて自律神経のバランスを取る腹式呼吸は、更に進化した丹田呼吸法もあります。

 

丹田とは、へそから指3,4本分下にあるツボのことでそのツボに力をこめるように意識しながら呼吸します。

 

まずは肺に溜まっている空気を出すために、ゆっくりと息を吐き出してまたゆっくりと息を吸います。

 

丹田に力を込めながら5秒から10秒息を止めてから、ゆっくりと息を吐き出していくという呼吸法になります。

 

丹田呼吸法の場合は基本は鼻から吸って鼻から吐き出し、立っていても座っていて出来る呼吸法です。

 

呼吸法ならどこでも出来ますし、ほんの数分でも良いので毎日やる習慣を身につけるとストレスも解消されやすく症状の改善にもつながるでしょう。

 

また、食事や運動も生活には欠かせないのでその方法も覚えておきたいですね。

 

次のページでは、食事や運動で対策を取る方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す