細胞間脂質の成分はなにで出来てる?セラミドの違いや種類とは?

増やす食べ物はセラミドが多いもの

 

体の外側から働きかけるだけではなく、やはり内側から働きかけることも大事なんだそう。

 

食べ物では、セラミドやヒアルロン酸が多く含まれているものを積極的に取ると良いんだとか。

 

セラミドを多く含む食べ物には小麦大豆こんにゃくキビほうれん草などがあり、中でも生芋こんにゃくには豊富なセラミドが入っています。

 

こんにゃくは低カロリーで腹持ちが良いので、ダイエット中でも問題なく食べられそうですね。

スポンサーリンク

消化を良くするために、しっかりよく噛んで少しずつ食べるようにすると良いでしょう。

 

また、ヒアルロン酸を多く含む食べ物には鳥の皮手羽先軟骨豚足豚の耳などがあります。

 

皮や骨などに多いので、出来るだけ丸ごと食べられるように調理法も工夫したいですね。

 

圧力鍋などを使って、身も骨もホロホロになるまで柔らかくして丸ごと頂くのが良さそうです。

 

次のページでは、セラミド入り化粧水を使って細胞間脂質を増やす方法についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す