進行胃がんの主な症状と治療法とは?ステージによって違う予後・生存率

 

 doctor-1228627_1920

 

胃がんには、早期胃がんと進行胃がんがあり、進行胃がんは一定の段階から進んだ胃がんのことです。

 

胃の壁は5つあり、食べ物が触れる粘膜層が一番内側で漿膜(しょうまく)が一番外側になっています。

 

早期胃がんというのは、胃の内側の壁である粘膜層や粘膜下層に出来たガンのことですが、一方の進行胃がんは粘膜下層の更に外側にある固有筋層という部分から更に外側に進行したガンのことです。

 

症状にはどんなものがあり、病院ではどんな治療が行われることが多いのでしょうか。

 

今回は進行胃がんの主な症状と病院で行われることが多い治療法、ステージによって違う予後・生存率などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

進行胃がんの主な症状とは?

 

centimeter-1216607_1920

 

進行胃がんは、早期胃がんよりも体の奥深くまでがんが進んでいるため体に感じる症状も様々なものがあります。

 

体の変化や体調が自分でも、しっかりと自覚できるようになってくことが多いのだそうです。

 

一般的によく感じられるのは体重の減少で、食べたものの消化吸収機能が低下することや食欲が落ちることで起きます。

 

胃の上部周辺が痛むようになり、お腹に食べ物がある時もない時も関係なく胃が痛むことが増えます。

 

吐き気や腹部の張りなど胃、腹部中心に不快感が出ますがそれ以外にも貧血などが見られることもあるようです。

 

さらに進行したり転移すると腹部だけでなく腰や背中にも痛みが広がり、出血が見られることもあります。

 

症状の改善には、とにかく早く病院を受診して適切な治療を受けることが一番になります。

 

次のページでは、病院でよく行われる治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す