日傘の色の違いと日除け・温度を下げる効果。紫外線対策が出来る選び方とは?

field-of-poppies-807871_1280

春から夏の終わりにかけては、一年のうちでも最も紫外線を浴びる機会が多くなります。

 

出来るだけ暑さから逃れたい人から、シミやくすみの元となる紫外線を防いで日焼けしたくない人など様々居ると思います。

 

日焼け・暑さ対策グッズには様々なものがありますが、ジリジリと太陽の光が差し込む日にはやはり日傘が欠かせません。

 

今回は日傘の色の選び方と温度を下げる効果、寿命などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日傘の色の選び方

lens-582605_1920

日傘にも色々な色のものがありますが、色によっては光を吸収しやすい色もあれば吸収しにくい色もあります。

 

大体は黒か白、またはベージュなどが多いですが淡い色合いのものでカラー物も見られたりします。

 

日傘には、紫外線と赤外線をカットする作用があるわけですが太陽の光には赤外線が含まれているので熱く感じます。

 

380nmから750nmの間は可視光と呼ばれ、この範囲の色は人間の目で認識出来る色でこの範囲外の380nm以下が紫外線750nm以上が赤外線になります。

 

紫外線は浴びすぎると肌や髪にダメージを与え、赤外線は熱を与えますがどちらも目に見える光ではありません。

 

そして、黒い色はそういった光を吸収し逆に白い色は反射させる働きがあるのでどちらの色でも紫外線や赤外線から身を守ることは可能です。

 

ですが、太陽の光は空から地上に向かってくるものだけでなく地上で反射する光もあるのです。

 

それを照り返しと言いますが、その照り返しがあった時に白い日傘の場合だと日傘の内側でも反射が起きることで直接光のダメージを受けます。

 

一方、黒い日傘であれば、照り返しによって向かってくる光も吸収することが出来るので受けるダメージはほとんどありません。

 

黒い傘は見た目的に暑苦しい感じがするので、敬遠されがちですが太陽光から肌や髪を守りたい時は黒を選ぶべきなのです。

 

もしくは、外側は白いものでも内側が黒い生地で出来たものだと反射しつつ吸収も出来るので良いでしょう。

 

日傘をさすことで、紫外線赤外線から身を守ることが出来ても暑さが変わらないのであればそれはそれで辛いですよね。

 

暑い夏は少しでも涼しく過ごしたいですからね。

 

次のページでは、日傘を使うことで温度は下がるのか?効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す