口内炎が痛い時に工夫したいレシピ。しみない食事のメニューとは?

 

口内炎が出来た時に、一番困るのが食事ではないでしょうか。

 

口内炎は安静にしている時はあまり痛みは出にくいですが、液体がしみたり固形のものがぶつかることで痛みを感じることが多いからです。

 

特に食べ物、飲み物に触れやすい唇は刺激を感じやすくあんまり痛いと食べるのも大変ですし、食欲も失せてしまいます。

 

そんな時にしみない、子供にも食べやすい食事の取り方について今回ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

口内炎にしみない食事は冷たいスープ?

 

 

口内炎は、出来る部位によってはしみるのが痛すぎて食事がイヤになるくらいストレスになることがあります。

 

それが、一つでもそうなるので同時に複数出来ている場合はたまったもんじゃありません。

 

しかし、口内炎が出来ているうちは食事は取らないというわけにもいかないので食べやすいものを少量ずつ食べるようにしましょう。 

 

口内炎が出来た時の食事のポイントとしては、薄味柔らかい、固形よりも液体に近い水分の多いものヒンヤリするものマイルドな味わいのものにすることです。

 

そうすれば、感じる刺激は少なくストレスなく食事が摂れるようになります。

 

柔らかくて水分多めというとしっかり煮込んだスープのようなイメージですが、アツアツの状態ではなく冷ました状態です。

 

口内炎の潰瘍が小さくなったり、痛みがなくなるなど症状が良くなるまでは顎を使って噛むものより流し込めるようなものが良いと思います。

 

柔らかく煮込んだうどんやお粥、お豆腐などは定番メニューです。

 

子供の場合は、ご飯、おかずというよりはゼリーやプリンなどデザート感覚のメニューのほうが食べてくれると思います。

 

バナナとアボカドに豆乳を入れたスムージーは、フルーツも摂れて刺激も少なく飲みやすいです。

 

次のページでは、痛みが強くなかなか食事が摂れない時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す