ヘルペス性口内炎に子供がかかった時の症状とは?痛みが強い時の対処法は?

dentist-428649_1280

口内炎のほかにヘルペス、更にヘルペス性口内炎というものも存在しますが大人でも症状が出ることはあるのですが、どちらかというと子供に多く一般的には乳幼児がかかることが多いです。

 

口内炎は細菌感染による潰瘍で、ヘルペスはヘルペスウイルスによって通常口唇ヘルペスとも呼ばれるI型のウイルスが唇の上などに水ぶくれを作るもの、ヘルペス性口内炎は原因が細菌ではなくウイルスなのですが口内に水ぶくれが出来る症状があります。

 

小ヘルペス性口内炎は、通常の口内炎よりも症状が激しいことがあるので大人でも辛いですが子供の場合は更に食事もケアも大人より大変なものがあります。

 

子供がかかりやすいヘルペスウイルスが原因の口内炎の特徴や症状、他の口内炎の種類や食事が取れない時の対処法などについてまとめています。

スポンサーリンク

子供がかかりやすいヘルペスウイルスの特徴

 

ヘルペスウイルスが原因で出来る口内炎をヘルペス性口内炎(歯肉炎)と言いますが、ヘルペスウイルスの感染症でよく知られているのがその仲間である水疱瘡が代表的です。

 

ヘルペス性口内炎は早ければ生後半年くらいでかかることもありますが一般的には1歳から3歳ぐらいの乳幼児に多い病気で、鼻水や咳など風邪のような症状が無いにも関わらず39度近い高熱が急に出ます。

 

口内には、唇や歯茎、舌、頬の内側など色々な部位に真ん中が白っぽく、周りが赤い潰瘍のようなものがいくつも出来ることがあります。

 

最初はプクンと膨らんだ水ぶくれが出来ていることが多いのですが、途中で潰れたりして潰瘍のようになるケースが多いと言われています。

 

潜伏期間は2日から一週間程度と言われていますが、発症してから1日や2日では口内炎のような潰瘍は見られないので病気の見極めが難しかったりします。

 

先に高熱が出てからその後歯茎など口内が赤く腫れているような感じがあれば、ヘルペス性口内炎を疑ったほうが良いです。

 

口内炎のような潰瘍が出来たら解熱の兆候ですが、歯肉炎も同時に起きるため出血することもあります。

 

歯肉炎とは歯がむずがゆくなったり、歯茎が炎症を起こし赤く腫れてその部分を触るとぶよぶよした感じになっています。

 

同時に口の周りの皮膚にも水ぶくれが出来るなど、色々な症状の出方があります。

 

痛みが強くあまりものを食べない時は脱水症状にならない為にも水分の取れるもの、ゼリープリンなどを与えます。

 

痛みに関しては数日続くことが多く、発症してから1週間から2週間程度で治ることが多いと言われています。

 

ヘルペスウイルスは、主に家庭内で両親などから直接接触して感染することが多いですが飛沫感染で感染するケースもあるので、予防や再発防止のためにはヘルペスウイルスによる症状が出ている人が居れば、接触を極力避けることです。

 

ちなみに、水疱瘡の場合でも顔や体、頭など全身に赤いブツブツが出る感染症ですが同時に口の中に出ることもあります。

 

これが大人になると帯状疱疹になるんですね。

 

子供の頃にヘルペスウイルスに初感染した時の症状を水疱瘡と言い、それが再燃する形で大人になってからまたヘルペスウイルスが暴れ出すことを帯状疱疹というようです。

 

ヘルペスウイルスは、治ってもウイルスが消えたわけではなく神経にそのまま潜んで体調を崩した時などにひょっこり姿を現すようになるそうです。

 

水疱瘡は、1歳から2歳の乳幼児に発症が特に多いですが上は10歳くらいまでは発症が多くあり、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患があれば重症化する傾向にあります。

 

ただの口内炎と思っていても、それがヘルペス性の口内炎であればヘルペス脳炎を引き起こすこともあるのでけいれんや意識障害がないかなどといった症状の確認も大事になります。

 

次のページでは、子供がかかりやすい口内炎の種類についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す