夏バテの主な症状チェックと対策とは?原因はカリウム不足?

 

summer-368224_1280

夏と言えば、海にプールに、バーベキュー、キャンプ、花火大会や夏祭りなど色々なイベントが行われる一年でも最もアクティブになる時期になります。

 

楽しいのもつかの間、高温が続くとそれだけ体調管理が難しく暑さによるストレスも溜まりやすくなります。

 

そんな時に、夏の暑さによる影響で体調を一気に崩してしまう夏バテは一度なるとなかなか治らなかったり秋まで長引いてしまうこともあるので要注意です。

 

そこで今回は、体調を崩さずに夏を乗り切るためにも夏バテの主な症状と原因、対策などについてまとめています。

スポンサーリンク

夏バテの主な症状を知ってチェック

 

夏バテは、これといったハッキリとわかるような症状がないのが特徴であると言えます。

 

なんだか、最近万全ではないなとふと思うことがあればもしかするとそれが夏バテのサインなのかもしれません。

 

症状に気づいているのに、そこまで体調が悪いわけではないから大丈夫と思っていると急に具合が悪くなることもあります。

 

治りづらい夏風邪にも同様に注意して、なんとか暑い夏の時期を乗り越えられるようにしたいですね。

 

~主な夏バテの症状~

・食欲不振

・全身の倦怠感

・思考力や集中力の低下

・下痢や便秘を繰り返すなどお腹の不調

・頭痛やめまい

・吐き気

 

だるさや疲労感が続く時は要注意で適切なケアをしないと段々睡眠不足になり、更に症状が悪化してしまうこともあります。

 

夏バテになると体力や免疫力低下によって夏風邪を引き起こしやすく症状が長引いてしまうことがあります。

 

何か病気にかかれば、適切な治療を受ければ快方に向かうものですが夏バテは病気ではなく体調不良なので病院に行っても治療という治療はなく安静にして過ごし滋養強壮をつけるしかなかったりします。

 

なので、夏バテにならないように気を付ける必要がありますがそのためにも原因を知っておく必要があります。

 

次のページでは、夏バテを引き起こす原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す