初夢はいつ見る夢のこと?見た内容は何を意味する?

 

皆さん、明けましておめでとうございます。本年も一年どうぞ宜しくお願いします。

 

さて、2016年が終わり2017年が新しく始まったわけですが新しい年が始まって一番最初にその年一年を占うものの一つとして初夢があります。

 

スピリチュアルなことが好きな人であれば、日頃から占いをするという人も居ると思いますが初夢はその年一年の運を占うものなので重要なのです。

 

出来るだけ見た夢の内容は覚えておくようにして、その年一年どんな年になるのか予想して気を付けるべきことがあれば気を付けて過ごすことで良い一年にしたいですね。

 

今回は、初夢はいつ見る夢のことなのか、見た内容の意味、悪夢を見てしまった時の対処法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

初夢はいつ見る夢のこと?

 

初夢は、その年初めて見る夢なので私はずっと31日の大晦日から1日にかけて見る夢のことだと思っていました。

 

しかし、それだと寝る時間帯によってはまだ前年の夢を見ているというか、前年の続きになっているので初夢にはならないそうです。

 

江戸時代の頃には、31日から1日にかけて見る夢を初夢とすることもあったようですが今は大晦日の夜には初詣に出かけて1日になってから家に戻るという人も多いです。

 

31日から1日にかけては夢を見るどころか、寝る機会さえなかったりします。

 

なので、一般的に初夢とは1月1日から2日にかけて見る夢のことを言います。1日の夜に寝てから見る夢のことですね。

 

地域によっては、1日ではなく2日から3日にかけて見た夢、つまり2日の夜に寝てから見る夢のことを初夢とするところもあるようです。

 

新年最初の日である1日ではなくなぜ2日なのかというと、新年初日は商売をしている人の場合忙しい日になることが多いので落ち着いてゆっくり初夢が見られないのだそうです。

 

なので、2日の夜にゆっくり初夢を見るということなんだそうです。

 

1日は初売りがあるので福袋を買ったり、お得に買い物をする日という印象も強いので商売をしている人からしたら確かにゆっくり初夢なんて見ていられないのかもしれないですね。

 

ちなみに、昔は立春を新年と考えることが多かったので立春の前日である節分の日の夜に見る夢を初夢と呼んでいたそうです。

 

もちろん、あまり日頃から夢を見ない人は初夢も見ない可能性が高いですし見たとしても起きてから夢の内容を覚えている時間って限られていると思います。

 

思い出そうと思っても思い出せなくなってしまうことがあるので、もし夢を見たらその内容を少しでもメモするなどして記憶できるようにしたいですね。

 

次のページでは、初夢の内容が表す意味についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す