守護霊の種類とそれぞれの役割・メッセージを受け取る方法

どんな人にも必ず存在する霊が守護霊。

 

守護霊はよく守護天使と一緒にされてしまうことがあるんですが、実際は違うものです。

 

守護霊は実在していた人を含む複数の霊から成りますが、守護天使は実在していた人物ではなく神様の使いのような感じです。

関連:自分の守護天使を調べる方法と14種の天使たち

 

守護霊と言っても、実は細かく分けると4種類に分かれていてそれぞれが役割を持ちその人を支えています。

 

今回は、そんな守護霊の種類とそれぞれの役割、自分の守護霊を知る方法、メッセージを受け取る・話す方法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

守護霊の種類と役割

 

守護霊には、主に次の4つの種類があります。

 

・主護霊

・支配霊

・指導霊

・補助霊

 

これらの霊の役割を一つずつ見ていきましょう。

 

主護霊

遠いご先祖様など、もともとは実在していた人物の霊のこと。

自分のルーツになっているということから、目には見えなくてもハッキリとは感じられなくてもどこか安心感があり親しみが感じられるような存在となっています。

4つある守護霊の中でも、中心的な存在の霊になります。

 

支配霊

自然霊とも言われ、この世に肉体を持ったことがない姿の見えない霊のことです。

精霊の一つ、自然の神様とも言われたりします。

これからの人生での出会いや色々経験していく中でのサポート、神聖な場所で神様にお祈りする時(例えばお参りなど)で仲介役的な役割をする存在。

この支配霊にも実は細かく分けると4種類あり、

・「天狗」(山の神様)・・・経営者、社会でリーダー的役割を担う人に多い

・「稲荷」(食べ物の神様)・・・庶民的だが愛嬌たっぷりで愛される人が多い

・「龍神」(水の神様)・・・指導役になることが多い人、霊能者に多い

・「弁天」(芸術の神様)・・・頭脳明晰、天才肌なタイプ

などがあります。

龍神様が自然霊として付いている人は、雨女、雨男などと言われ外出時は必ずと言っていいほど雨が降る、大事な時に限って雨が降るという人が多いようです。

関連:晴れ女と雨女の根拠はなに?スピリチュアルでは自然霊が関係している?

 

指導霊

自分が今現在している仕事、好きな趣味、才能などに関わりのある霊のこと。

もし今カウンセラーの仕事をしていれば、カウンセラーの仕事に関わる仕事をしていた人の霊がついていたり趣味がスポーツであればスポーツに関わる趣味を持っていた人の霊がつくなど。

 

補助霊

主護霊、支配霊、指導霊など他の霊のサポートをする霊です。

この霊は国籍や性別などは一切関係なく、自分の先祖でもなければ共通点も全くないような霊になります。

ーーーーー

守護霊にも、強い守護霊も居れば弱い守護霊も居ます。

 

強いというのは、レベルが高いということで高級霊と言われ逆にレベルが低いと低級霊と言われます。

 

高級霊は誰にでもつくものではないのでもとは高官だった人など限られていますが、かなりの強運の持ち主だったり転んでもただでは起き上がらないようなタイプが多いです。

 

逆に、低級霊はあまり良いサポート役とはならないようです。

 

通常は、普通レベルの霊がつくことが多いですが人によっては高級霊がついたり低級霊がつくということもあります。

 

自分の守護霊を知る方法

 

自分の守護霊ってどんな人なんだろう?どう守られているんだろう?と気になることがあると思います。

 

後述する「守護霊からメッセージを受け取る・話す方法」でもご紹介しているように、こちら側から語り掛けたり強く意識することである時ふとその存在に気づくことがあります。

 

ただ、全ての人が自分の守護霊がどんな人なのか簡単にわかるわけではないので一番良い方法は霊能者などに見てもらうというのが一番です。

 

電話占いヴェルニ では、様々な占術があり

・透視

・霊感占い

・霊視占い

・前世占い

・波動修正

・遠隔ヒーリング

・スピリチュアルヒーリング

・祈願祈祷

など、自分の現在から過去、未来までのケアが可能です。

 

多数ある占術の中に「守護霊対話」というメニューもあり、守護霊からのメッセージを受け取ることも出来ます。

 

電話占いヴェルニの公式サイトを覗いてみる:【電話占いヴェルニ】

 

メッセージを受け取る・話す方法

 

守護霊の役割は、必要な時のサポート役なので基本的には意思決定はその人自身がするもの。

 

不必要な介入はせず、必要な時に必要なアドバイスを与えたりトラブルから守ってくれます。

 

そういったメッセージは、必要な時に自然と受け取っているものなので意識して受け取るものでは本来ありません。

 

ただ、どうにかして日頃からメッセージをより簡単に受け取る方法として次のような方法はあります。

 

・瞑想する

・眠る前にイメージする

・信仰心を持ち語り掛ける(感謝をする)

 

瞑想する

呼吸だけに集中し、心を落ち着かせて雑念を消すことで無心になることを言います。

普段心の中には良い感情も悪い感情もそうでない感情も混ざり合っている状態なのでこれを解放してあげる必要があります。

そうすれば心の疲れが取れることでストレス発散につながり、頭もスッキリして体調が良くなることさえあります。

 

この瞑想という状態は、ただのリラクゼーションの目的ではなく神的なインスピレーションを受けるのにも良いと言われている状態。

なので、瞑想を習慣にすれば守護霊からのインスピレーションも受けやすくより身近な存在に感じられたりメッセージの受け取りが容易になると考えられています。

瞑想を習慣化し、自然と心が落ち着いた状態を維持できれば守護霊と話すことも可能だと言われています。

 

瞑想には色々なやり方があるんですが、私自身よく試しているのが座禅を組み目を閉じたまま腹式呼吸を行う方法です。

座禅のポーズも色々ありますが、あぐらをかいて両ひざの上に両手をそれぞれ乗せるというのが一番楽かと思います。

腹式呼吸は慣れるまでが大変なので、慣れるまでは横に寝た状態で訓練すると良いでしょう。

関連:腹式呼吸と肺呼吸の違いは空気を入れる場所?やり方・得られる働き

 

眠る前にイメージする

夜寝る前は、一日の中でも最も記憶力が高まると言われている時です。

この時に勉強をすると、通常よりも暗記力が良くなるので勉強のゴールデンタイムとも言われるほど。

人は、寝ている間にその日の記憶を整理してまとめる働きをしているので寝る前に守護霊のイメージをしておくとどこかで自分の記憶と結びつき守護霊がどんな人なのかわかることがあります。

 

また、寝る前に見たものや聞いていたものは夢を見た時に登場する確率が高いです。

寝る少し前に見た映画のワンシーンが夢に出てきたり、スマホで見た映像がそのまま夢の中でも再現されたり…といったことが起こります。

そのため、寝る直前にイメージすることで夢の中で守護霊と会話したり何らかのメッセージを受け取ることも可能です。

 

信仰心を持ち語り掛ける

守護霊が居ると信じたら、その存在を強く意識すること、語り掛けることも守護霊とつながるには大切なこと。

特に、感謝の気持ちを発しているとポジティブな感情がポジティブを呼びそれに守護霊も応えてくれることがあるのです。

日頃から出来るだけ感謝の気持ちを表現すること、ありがとうの一言でも良いので積極的に口に出していうことが大事。

 

まとめ

 

守護霊というと実体のないもので居るのか居ないのかわからない人も居ると思いますが、それはやっぱり人生の主役はその人自身だからです。

 

その人の意思関係なく、守護霊が勝手に何かを決めたり物事を進めていくことは出来ないんですよね。

 

でも、守護霊はどんな人にもついているもので陰ながらでも支えてくれていることに変わりはありません。

 

その存在に気づき、日々感謝することで守護霊の役割を最大限生かすことが出来るはずです。





スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す