五月人形の兜の誰が贈るもの?相場はいくら?処分方法は?

a0960_001692

日本は働き過ぎ、長時間労働の国という印象が強いですが祝日で言えば日数はけっこう多かったりします。

 

春の大型連休、ゴールデンウィークの1日に数えられる5月5日は日本の祝日、子供の日と制定されていて他の呼び方としては端午の節句、または菖蒲の節句とも呼ばれたりします。

 

この日には男の子の健康やたくましく成長をすることを祈願したり、将来の立見出世を願いお祝いとして家の中や外に飾りものをする風習があります。

 

男の子が誕生し、初めての端午の節句を迎える頃には誰が五月人形を贈るのか、相場はどのくらいなのかわからないことも多いですよね。

 

そこで、今回は五月人形は誰が贈るものなのか、相場や古くなった時の処分方法などについてまとめました。

スポンサーリンク

五月人形は誰が贈るもの?

application-1756269_1280

端午の節句に五月人形を飾るというのは、宮中から武家社会へと広まって現代も定着しつつある昔からの習慣です。

 

時代で言うと、鎌倉時代の頃から江戸時代頃のことでその後一般的に広まっていったと言われています。

 

武家社会では、頭領となる大事な長男の誕生を知らせてお祝いする為に織旗を立てたり鎧や兜を飾って同時に厄除けと無事成長するように祈願していたんだとか。

 

大事な跡取りをしっかりと育てていくために、お婿さんやお嫁さんは嫁ぎ先で一生懸命子供の成長を見守り世話をしていくというのが大事な役割だったのですが子供が嫁いだ場合その両親はなかなか子供や孫に会うことが出来なくなります。

 

嫁いだとはいえ、親と子の関係は一生変わることはないので子供が嫁いでも親は子供や孫の姿が見たいと思いお祝い事があるとそのたびにお祝いの品を用意して子供や孫に会いに行くようになったと言われています。

 

そのため、お祝い事では基本的にお嫁に行った人の両親がお祝いの品を贈るというケースが多いです。

 

ですが、武家社会の背景から武家を象徴するような織旗や鎧、兜などは嫁いだ先の両親が準備するというのが一般的でそれ以外のお祝いのもの、例えば鯉のぼりや武者人形などは嫁いだ人の両親が贈るものだったんだとか。

 

今では、武家社会など関係なく基本的にお祝い事の品物は嫁いだ人の両親が贈るということが多いそうです。

 

地域で言うと、関東は嫁ぎ先、つまりお嫁に行ったのであれば旦那さんの両親が用意することが多く、逆に関西の場合はお婿さんやお嫁さんの両親が用意することが多いようですね。

 

現代では、昔と違っていつでも子供や孫に会える環境があるのでわざわざお祝い事に品物を贈るという口実がなければ会えないということは少なく、経済的な問題もあるのでお互いの家で折半して用意する、交互に贈り物をするケースが増えてきています。

 

昔からのしきたりの名残もありますが、必ずそうしないといけない決まりがあるわけではないですし結婚も両家で行うものなので子供のお祝い事も両家で協力して負担するというのが一番のようです。

 

次のページでは、五月人形の種類と一般的な相場についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す