ジェノベーゼソースの使い方とは?具材やパスタ以外の料理は何がある?

leaves-739286_1280

イタリアはリグリア州のジェノバ県生まれのジェノベーゼ。

 

バジルペーストをメインに、オリーブオイルやチーズ、松の実などが含まれ、香りも見た目も味も良くパスタ以外にも使える万能ソースとして知られています。

 

一度に沢山作れば様々な料理に生かせますが、保存期間も気になりますね。

 

今回はジェノベーゼソースの使い方、保存期間や冷凍方法、ソースの作り方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ジェノベーゼソースの使い方

 

ジェノベーゼソースの使い道は、一番はパスタに使うことが多いと思います。

 

一般的には、メインとなるバジルにオイル、チーズ、そして松の実が含まれますが松の実ではなくくるみにしたり、春菊やかぶの葉を使うことも出来ます。

 

パスタに使う具材としては、ジェノベーゼソースにアンチョビを入れたりアボカドとエビ、マッシュルーム、鶏のささみ、トマトなどが良く合います。

 

パスタ以外でも、ソースを乗せてそのまま食べられるのでポテトやナス、ズッキーニなどを焼いたものにただソースを乗せるだけでも良いです。

 

その他にも、ただ豆腐に乗せたりバゲットに乗せたり、オムレツに乗せることも多いですね。

 

魚との相性も良く、特に白身魚のタラやブリなどに合うので焼いても煮込んでも良さそうです。

 

ジェノベーゼソースは、市販のものも売っていますが自宅で簡単に作ることも出来るので手作りすると良いでしょう。

 

作り置きしておけば、色々な料理にその分使えるはずです。

 

次のページでは、自宅で作れる簡単なソースの作り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す