アールグレイとダージリンの違いとは?効能と正しい飲み方は?

tee-540442_1280

 

ベルガモットで香り付けをした独特の爽やかなフレーバーが特徴のアールグレイは、最もよく飲まれるスタンダードなフレーバーティーの一つです。

 

どの紅茶のブランドでもアールグレイはありますし、紅茶を日頃からよく飲む人にとってもあまり飲まない人にとっても飲みやすいので万人に愛されるお茶です。

 

そんなアールグレイにはどんな効能があり、どんな飲み方をするのが一番良いんでしょうか。

 

そこで、今回はアールグレイの効能やベストな飲み方、ダージリンとの違いなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

アールグレイの効能

 

アールグレイの効能ですが、精神を落ち着かせてホルモンバランスを整える作用や、胃もたれの解消など消化器官の働きを助けてくれるなど心身ともに癒してくれます。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎで消化器官が疲れている時、なんとなく調子がすぐれない時にも飲むと良いそう。

 

最近ではコレステロール値を下げ、心臓病の予防にもなるとの報告もあるなど様々な作用が注目されています。

 

また、のどの調子を良くして口内炎の治りも早くしてくれると言われているので、飲むのも良いですが口に含ませて軽くうがいをするのも良いそうです。

 

エアコンの影響で乾燥しがちな夏場や湿度が低く風邪が流行りやすい冬場には、特にうがいの効果がありそうですね。

 

体調が悪くなってから飲むというよりは、体調を崩さないように飲むようにすることで予防が出来そうです。

 

次のページでは、アールグレイのベストな飲み方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す