エアコンの水漏れの原因と対策とは?修理方法と業者に依頼してかかる料金

 

 summer-368224_1920

 

暑い日が何日も続き、今日も暑くなりそうだからその前にエアコンをつけようと思ってスイッチを入れるとポタポタとエアコンから水がこぼれてくることがあります。

 

機械から水が出てくると感電の可能性もありますし、故障?と一瞬心配になりますが業者に依頼する前にその原因がなんなのかを確認してみましょう。

 

多くの場合は、自力で症状を改善させることが出来るようになるのでまずは何が原因で水漏れが起きているのかをはっきりさせることが大事です。

 

原因がわかり、それが自分ではどうしようも出来ないものであればその時業者に依頼したほうが良いはずですからね。

 

そこで、今回はエアコンの水漏れの原因と対策、修理方法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エアコンの水漏れの原因とは?

 

dog-1310545_1920

 

エアコンの水漏れが起きる原因には、様々なものがあります。

 

ほとんどの場合は、外に水を排出している「ドレンホース」と呼ばれるホースの中が詰まっていることで起きると言われています。

 

その他には、エアコン自体が傾いていることで後ろに流れていく水が前に流れてきてしまっていることがあります。

 

また、受け皿や中のフィルター部分に汚れが溜まり、水分を吸収した汚れから水が垂れている場合や汚れによって詰まった排水管から漏れている可能性も高いです。

 

その他には、室内を冷やしすぎて結露した状態で水が垂れてきていることもあります。

 

多くの場合は故障や重大な問題が起きているわけではなく、汚れや水の通り道が塞がれてしまっていることで起きるのだそう。

 

排水がしっかりと出来るように確認して、障害となっているものを除去することで改善されることが多いです。

 

~主な原因~

・ドレンホース詰まり

・エアコンが傾いている

・受け皿やフィルターの汚れ

・排水管詰まり

・結露

 

ドレンホースの確認、エアコンが傾いていないか、カバーを取り外し中の受け皿やフィルターに汚れがこびりついていないか、排水管が詰まっていないか、結露ではないか一通り確認します。

 

原因が分かれば、次は汚れを除去したり掃除するなどして対処することで改善できるでしょう。

 

次のページでは、自分で出来る修理方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す