機能性ディスペプシアの主な症状とは?原因は生活習慣によるもの?

どんな治療法がある?

addiction-71576_1280

機能性ディスペプシアは、その原因に合わせた治療法が取られますが病院での治療だけでなく自分の生活習慣も改める必要があります。

 

病院では、「胃の機能を高める薬」や「胃酸を抑える薬」、「ピロリ菌を除去する薬」などの処方が一般的。

 

生活習慣は、睡眠時間をしっかりと取り適度に休息を取ることが大事になりますね。

スポンサーリンク

疲れたら休む、睡眠時間は8時間を目標にしましょう。

実際にそんなに眠れなくても、目を閉じて横になるだけでも体の疲れは緩和されます。

 

脂っこいものややたらと甘いもの、辛いものなどは消化に良くなく胃を刺激してしまうこともあるため症状が治まるまではなるべく控えるようにしましょう💡

 

症状が辛くてどうしようもない時などは特に消化に良い食べやすいものを取るようにして、消化を促してあげることも大事ですね‼

 

一度の食事でしっかりと噛んでゆっくり食べるようにし、食べたり食べなかったり不規則な食事のサイクルになったり夜食をするのは避けるようにしましょう。

まずは食事・生活習慣を改善することで症状が良くなっていくことが多いですよ。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

機能性ディスペプシアの主な症状や発症の原因、病院で受けられる治療と自分で改善できることなどについてご紹介しました。

 

胃腸の不快感など、なんとなくイヤな症状が長く続くと炎症が起きていたり実は何か恐ろしい病気なんじゃないかと心配になると思います…

 

それでも、症状が続くからと言って必ずしも病気であるとは限らないのでまずはしっかりと調べてみることが大事。

 

それで何も問題がなければ、出来る範囲内で生活習慣の改善に努めていきたいですね。

 

意外と、気づいたら症状がいつの間にか無くなっていたということもあるので異常がないとハッキリわかったらあまり心配し過ぎないことも大事なのかもしれませんね。

以上、参考になれば幸いです✨



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す