機能性ディスペプシアの主な症状とは?原因は生活習慣によるもの?

発症の原因について

stress-704402_1920

原因はそれぞれ人によっても違いますが、共通しているのは胃の機能低下が考えられます。

 

3か月以上症状があるのに、異常は見られないような場合は以下の原因の可能性があります👇

 

・几帳面で神経質

・胃の中に居座るピロリ菌による仕業

・胃酸過多

・ストレス

・食生活の乱れなど

 

几帳面で神経質な人は日頃から何かと気を遣うことが多く、ストレスを溜めやすい性格であることが多いようです。

そのため、ストレスから胃の機能低下につながっていることもあるのだそう。

スポンサーリンク

ピロリ菌は、胃炎や胃がんを引き起こす細菌として知られていて機能性ディスペプシアを引き起こすかはわかっていませんが、ピロリ菌を除去したら症状が改善することがあると言われています💡

 

後は、

・体質的に胃酸が多い人

・ストレスを溜めやすい性格ではないけれど一時的に仕事が忙しいなどでストレスが溜まっていたり、食生活の乱れ

が関係することもあるようです。

 

症状が出るようになってから、考えられる原因があればそれらを少しずつ改善していくことが大切。

 

ちょっとした普段の習慣が胃に負担をかけている可能性もあるので、規則正しい生活習慣にしていくことは欠かせません。

 

最後のページでは、治療法についてご紹介していきます。


PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す