着圧タイツの効果はむくみの改善?ダイエットの補助?おすすめランキング3選

着圧タイツというのは、履くことで適度に圧力がかかった状態にすることで体の巡りを助けるためのタイツになります。

 

普段立ち仕事の人であれば、日常的に足が疲れやすくだるくなる人は多いと思いますが例えば長時間の外出で歩き回った時、旅行などでも一気に足の疲れは溜まってしまいます。

 

もともと代謝が良い人、あまり良くない人、以前は良かったのに悪くなった人など様々だと思いますが代謝が悪い状態が続くと足が疲れやすくなるだけでなく、むくみにつながり太りやすくなってしまうのだそう。

 

少しでも体の巡りを良くして、むくみの改善が出来たら足もほっそりしますし何より体全体の健康にもつながるはずです。

 

そこで、今回は着圧タイツの効果と使うタイミング、おすすめのものについてご紹介します。

スポンサーリンク

着圧タイツの効果

 

着圧タイツの仕組みですが、主に、「足首」と「ふくらはぎ」、それから「太もも」に分けてそれぞれその部位でかかる圧力が違っています。

 

一般的に販売されているタイプは、足首周辺が大体「20~30ヘクトパスカル」になるように設計されていてふくらはぎは「10~20」ほど、太ももは「5~15」ほどとなっています。

 

医療用のものになると、更に圧力は高いものも多くありますね。

 

ヘクトパスカルは、数値が大きければその分圧力も高いことになるので足首の圧力はやや強めでそれよりも上になるにつれて圧力は段々弱くなります。

 

上手く計算され、微妙に違う圧力が滞りやすい血液をスムーズに流し、更にリンパの流れも良くして体になるべく老廃物が溜まらないように促すという仕組みです。

 

着圧タイツというと、反発力が強く伸びにくいので履きにくい、締め付けられてぴったりするなど履き心地はあまり良くないかもしれません。

 

ですが、履いた後は想像以上に足がすっきりとして軽くなると言われています。

 

足は心臓から離れているため、どうしても血流が悪くなりやすく老廃物が溜まりやすいですがそのままにしていると筋肉は硬くなり逆に脂肪が付くようになるのだそう。

 

そうなると、足は少しずつ太くなり体全体の体型が崩れるようになるので出来るだけ日頃からむくみを防ぐことが大事です。

 

せっかく上手く考えられて作られたタイツでも、履き方が間違っていると思うような効果は得られない可能性が高いのでしっかり正しい位置にくるように履くようにしましょう。

 

特に足首は最も圧力が高くなる部位になるので、まずは自分の足首にタイツの足首をきちんと当てます。

 

身長とサイズに合ったものを選び、日中も夜も寝る時も四六時中常に使うのではなく必要な時に限定して使うことで効果を最大限に発揮できるはずです。

 

あまり強力過ぎるものは逆に血流が滞りますし、皮膚の赤み、痒みなどを引き起こすことがあるので苦しくない程度のものを選ぶようにしましょう。

 

着圧タイツを使うタイミングですが、シチュエーションによっても色々な使い方が出来るのでその日に合わせて変えてみるのも良いですね。

 

次のページでは、着圧タイツを使うタイミングについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す