「Chrome」画面の一部が四角く黒くなる!原因と簡単に出来る対策

先日、パソコンで色々なサイトを見ていたところ途中で急に画面の一部に四角くて黒い部分が現れました💦

スクロールすると、パラパラと画面全体にところどころ現れては消えていきます…

 

「なんだ、これ?(; ・`д・´)」

一瞬、パソコンが壊れたのかとか、何かのソフトがエラーになったのかと思ったのですがどうやらChromeの不具合の様です💡

 

この現象は、私がWindows10にアップグレードしてから起こるようになったのでもしかするとWindows10でChromeを使っている人だと同じような現象で困っている人も多いかと💧

 

対策は簡単に出来てすぐに改善されたので、ぜひ試してほしいと思います(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

対策はハードウェアアクセラレーションをオフにすること

 

Chromeの画面右上には、縦に点が三つ連なったメニューボタンがあるのでクリックしてその中の「設定」をクリック。

設定画面が表示されたら、下にスクロールしていくと「詳細設定」という表示があるのでそこをクリックします。

そうすると更に下にスクロールしていくことが出来ます。

スクロールしていくと、「システム」というところに「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」というところがあります。

デフォルトだとそのままここがオンになっているはず💡

これを、オフに切り替えるだけで画面の一部が黒くなってしまう現象は改善されるかと思います✨

 

操作はこれでOKです。

お疲れさまでした!

 

ハードウェアアクセラレーションとは何なのか?

 

最初、ハードウェアアクセラレーションがよくわからなかったので調べてみたんですがこれはパソコンの処理スピードを速くするためのものなんだそう💡

 

もともとブラウザに備わっているもので、例えば動画を見る時とか音楽を聴く時とかゲームをする時とか…

そんな時に処理スピードが遅くなるのをカバーするもの。

 

なので、この機能があることによってサクサク動画を見ることが出来たり楽にページの読み込みが出来るのですが…

グラフィックカードとの相性があるので、逆にトラブルを起こしてしまうことも💦

 

私は普段Chromeを使っているので、今回Chromeの対処法をご紹介しましたがFirefoxやIEなどでもこのハードウェアアクセラレーションによる不具合は起こるようです。

無効にすることで改善できるので、試してみてくださいね。

 

パソコンのパフォーマンスが落ちることはない

 

最後になりますが、ハードウェアアクセラレーションをオフにするとパソコンのパフォーマンスが落ちて読み込みが遅くなったりするのかな…?

と心配しましたが、そんなことはありませんでした!

 

画面の一部が急に黒くなることも無くなり、パソコンの処理スピードが落ちるわけでもないので不具合が出たら試してみてくださいね(‘ω’)ノ





スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す