チノパンの色の選び方と色落ちしない洗濯方法とは?

pants-855177_1920

丈夫で動きやすく穿き心地が良いこと、比較的リーズナブルなものが多く気軽に穿けるといった魅力のあるチノパン。

 

男女ともに使えて、年齢も特に関係なく穿けるのでファンが多いパンツでもあります。

 

プライベートではもちろんのこと、少し綺麗めにまとめられるオフィスカジュアルとして仕事用にも使えるパンツです。

 

パンツはデニムであれば、経年劣化と共にいい感じにこなれてきてデニムらしさが出てくるのですがチノパンとなるとなかなかそういうわけにもいきません。

 

むしろ、チノパンの場合は色落ちや型崩れとなると品質が劣って見えるので出来るだけ大事に長く穿けるようにする為にその分メンテナンスも必要になります。

 

特に、良かれと思って洗濯したらうっかり穿けなくなってしまったなんてことになったらイヤですからね。

 

ただ汚れだけ落ちればいいやと思って適当に洗濯機にポイしてしまうと、劣化が早く通常よりも穿ける期間が短くなったりとコスパが悪くなってしまいます。

 

今回は失敗しないチノパンの色の選び方と色落ちしない洗濯方法、ロールアップして穿く時のポイントなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チノパンの色の選び方

pants-389923_1280

チノパンと言ってもカラーバリエーションは色々とあります。最近はカラフルなものも多く、これチノパン?なんてものも多かったりします。

 

そんなチノパンの色と言えば定番のベージュが代表的ですが、どちらかというと普通体型から細身の人向けの色です。

 

オフホワイトもベージュ同様よく選ばれる色でもありますが、膨張色なのでこちらも標準くらいかそれよりも痩せ型体型の人向き。

 

標準よりもがっちり体型の人はブラックネイビーなど落ち着いた色合いのほうが引き締め効果があるのでスタイルアップにもつながります。

 

また、ゆったり穿きたい場合はタック(ウエストから下向きに入っている生地のゆとり)入りのものを、スリムに穿きたい場合はタックなしのものを選ぶようにすると良いです。

 

色が持つ視覚効果って意外と強力なので色の組み合わせや穿きやすさだけでなく、出来ればスタイルもよく見せたい時なんか特に意識すると良いと思います。

 

合わせる靴に関してですが、チノパンは比較的色々な靴に合わせやすいので様々なスタイリングに使えます。

 

ローファーやスニーカーが一般的ですが、ブーツなんかにも合わせやすいです。

 

ローファーやブーツは茶系や黒なんかが多いですが、スニーカーに関しては白やカラーものも合わせやすいですね。

 

帽子やバッグなどといった小物と色を揃えるか、トップスやジャケットと色を合わせる、もしくは小物ともトップスとも違う差し色としてカラーものを使うようにするとコーディネートしやすくなります。

 

次のページでは、ロールアップして履く時のポイントについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す