nennga

日本には、古くから気持ちや心遣いを大事にしてきた習慣がありもはや一種の文化のようなもので、挨拶の一環として手紙を出したり贈り物を贈ったりすることも多いです。

 

それは、仕事やプライベート関係なく行われることだと思いますが、仕事は特に挨拶は社会人としての基本的なマナーでもあるので重要視されます。

 

そんな挨拶の中でも、ビジネスで最も重要な挨拶の一つと言えるのが年始の挨拶になります。

 

仕事始めの後に取引先に出向いて、昨年のお付き合いに感謝しまた新年も良いお付き合いをしていただけるよう新年の挨拶をする年始回り。

 

新年もまた良い年になるよう更なる発展を願って行う挨拶ですね。

 

新年のあいさつ、年始回りは年が明けてからすぐ行うべきと言われますが年始と言っても一体つまでにいくべきなのでしょうか?

 

世間一般的な休みは正月三が日までと言われますが、企業によってはそれよりも休みが長かったり仕事が始まる日がはっきり決まっているわけでは無いですからね。

 

年始回りに行く前にマナーを確認しておくことで、スムーズな新年の挨拶が出来るはずです。

 

そこで、今回は年始の挨拶はいつまでに行うべきなのか、持っていくと喜ばれる人気の手土産、のしや渡し方など新年の挨拶を行うにあたってのマナーなどについてご紹介したいと思います。

「年始の挨拶はいつまで行く?手土産はのしをつける?渡し方は?「会社編」」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

shunsetsu

日本では、お正月と言えば毎年大体12月29日頃から1月3日くらいまでの期間が一般的ですよね。

 

日本だけでなく、31日から1日にかけてはニューイヤーをお祝いして世界共通で大きな花火が沢山打ちあげられたりショーを行うなど様々なイベントがあります。

 

中国を始めとする台湾やシンガポールなどの中華圏では、新暦のお正月(元旦)よりも旧正月(春節)の方が重要な祝日とされます。

 

日本にはあまり馴染みがない春節ですが、

・「毎年いつからいつまでの期間行われるのか?」

・「期間中に行われる花火や爆竹の意味」

・「春節に食べられる食べ物」

などについて今回ご紹介していきたいと思います。

「春節の期間はいつからいつまで?爆竹や花火の意味は?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3