ちょうちょをよく見る時のメッセージ・スピリチュアル的な意味

最近、やたらちょうちょを見る機会がありまして…

全く別の場所で見るんですが、同じちょうちょ?と思うくらいに似た姿をしていて気になっていました。

 

これは何か意味があるのかなぁ?と。

似たようなちょうちょを何度もよく見る場合や、沢山のちょうちょが一気に現れるなど…

 

普通とはちょっと違うな~

と思うようなことがあれば、それは何かしらのメッセージである可能性が高いです💡

 

また、ちょうちょの種類によって意味が変わってくることもあるのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ちょうちょは変化のシンボル

 

ちょうちょは、卵から幼虫になり、幼虫からサナギになり、最終的に蝶になるという進化を遂げます(‘ω’)ノ

変化が激しい生き物なので、スピリチュアルでも変化を意味することが多いです。

 

あなたの前に気になるちょうちょが現れたら、あなたの人生が少しずつ変わっていくことを意味します。

また、九星気学では四緑木星に当たります。

 

四緑木星は、ご縁・人との出会いを意味することが多いので何らかのつながりを意味することも。

歓迎の意味もあるので、ちょうちょを見た場所で歓迎されているということです✨

 

私は祖父母の家に行く時に見ることが多いんですが、これも歓迎されているからなのかなと思います。

なんとなく亡くなった祖父を思い出します。

 

どこからともなく飛んできて窓の辺りをうろうろしていて、しばらくするとまた飛び立っていく感じなんです。

もし、神社やお寺で見たらそこの神様に歓迎されているのかもしれませんね‼

 

ちょうちょにも種類があるので、色々なちょうちょが居ると思うのですが…

その種類によってもまた少しずつ意味合いは変わってきますよ

 

種類別の意味

 

ちょうちょも沢山の種類がありますが、色別に分けてみました。

ちょっと見ただけだとどんな色のちょうちょだったのかわからないこともあるかもしれませんが、近いものを照らし合わせてみてくださいね👇

 

・白い蝶(代表的な種類:モンシロチョウ)

守られている意味。見守ってもらい、応援してもらえる。

 

・黄色い蝶(代表的な種類:モンキチョウ)

金運が良くなるのでお金が入る。仕事運も良くなる。

 

・緑色の蝶(代表的な種類:ミドリシジミ)

健康運が良くなる。体調が回復する。

 

・青い蝶(代表的な種類:ルリシジミ、ツバメシジミ)

変化が訪れる時。転機がやってくる。

 

・紫色の蝶(代表的な種類:コムラサキ)

協力を得られる時。誰かに力になってもらえる。

 

・黒い蝶(代表的な種類:オナガアゲハ)

復活の意味。形勢逆転の時。

 

・色々な色が混じっている綺麗な蝶(マダラアゲハなど)

成功・勝利を手にする。

~~~

このうち、モンシロチョウやモンキチョウは春先から秋までは見られる蝶💡

山でも見られますが、平地でもよく見られるので比較的どこでも見つけられるタイプの蝶なんですね。

 

なので、ちょうちょを見ること自体は特に意味はないと思いますが例えば

・同じようなちょうちょがよく現れるとか

・沢山のちょうちょが一気に現れたとか

・つがいでよく現れるとか

・季節外れなのによく見るとか

・特定の場所でやたら見かける

などの場合は何らかの意味があると考えて良いのではないでしょうか❓

 

少しでも気になった時は、その意味を頭の片隅にでも置いておくと良いかもしれませんね(´ω`)

 

運勢はこれからますます良くなっていく

 

どんなちょうちょにも言えることなんですが、良い意味合いが強いんですよね。

ちょうちょ自体、無事蝶まで進化して飛び立つという良い意味で変化していくことを意味しているので。

 

そんな蝶を何度も見たりたくさん見て気になったあなたの運勢も、これからますます良くなっていくはずです。

 

もしかすると、この先何か良いことが待っていたり、良い知らせが突然舞い込むかもしれません。

その前兆だと考えておくと、ちょうちょとの出会いも特別なものになりそうですね(^^)


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す