貧乏ゆすりの原因は血流の悪さ?健康への意外な効果とは?

office-1273985_1920

 

貧乏ゆすりとは、足をガタガタと動かすことであり時には音を立てながら激しく揺らす動作のことを言います。

 

一般的には、同時に両足を貧乏ゆすりするというよりはどちらか一方の片足だけで毎回同じ足で貧乏ゆすりするという人も多いです。

 

ネーミングの由来ですが、足を揺らすと貧乏神に憑りつかれるという迷信があったことからそれが「貧乏ゆすり」になりそう呼ばれるようになったそうです。

 

無意識のうちに気づいたら貧乏ゆすりをしていたという人が多いほど、多くの人がしがちな癖の一つとなっています。

 

しかし、実際は健康への効果もあると考えられているので場所を選べば悪いことでは無いのかもしれません。

 

そこで今回は、貧乏ゆすりをしてしまう原因やその人の心理、健康への効果などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 貧乏ゆすりをしてしまう原因とは?

 

shoe-1174452_1920

 

貧乏ゆすりをしてしまう原因には、諸説ありハッキリとした原因はわかっていないようですが癖というよりは体の反射的な反応の一つと言えるのだそう。

 

一時的に短時間座っただけではそのまま大人しく座っていて貧乏ゆすりをする人は少ないですが、時間が経てば経つほど貧乏ゆすりをする人は多くなります。

 

これは長時間一定の場所に同じ姿勢で座り続けることで、筋肉が収縮したり血流が悪くなることでそれを改善するために反射的に小刻みに足を動かしてしまうと言われています。

 

貧乏ゆすりは小刻みに断続的に足を揺らすので、血流は改善されて筋肉の収縮が緩和されるからです。

 

また、摂取しすぎたカロリーを消費するために貧乏ゆすりを行ってしまうこともあると言われどちらかというとよく運動をする人よりも慢性的に運動不足の人に多いようです。

 

その他にも、心理的な背景も関係していることが考えられます。

 

次のページでは、貧乏ゆすりをする人の心理についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す