便秘になる原因は食物繊維と水分不足?解消法と長引く場合の病気との関連

 

 pictograms-690873_1280

 

便秘とは、食べて栄養として吸収されなかった不要なものが上手く排出されずに腸の中にそのまま溜まっている状態のことです。

 

一般的に、便秘というのは4日以上そういった状態が続くことを言います。

 

ですが、毎日老廃物を排出出来ていても完全に排出できずに一部が腸内に残っているようであればその場合もまた便秘であると言えます。

 

期間が長引けば長引くほど、お腹が痛くなったりと辛い思いをする人も多いはずです。

 

出来れば、便秘を改善していつも老廃物をスムーズに排出できるような環境を手に入れることが出来たら良いですよね。

 

今回は、便秘になる原因や解消法、病気との関連などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

便秘になる原因とは?

 

vegetables-573958_1920

 

便秘とは、4日以上食べたものなどが一切排出されない状態のことを一般的に言います。

 

毎日排出されていればそれで必ずしも良いというわけではなく、完全に排出されずに一部でも腸内に残るような場合はそれもまた便秘になってしまいます。

 

原因には、人それぞれありますが、主にストレスや運動不足、服用してる薬の副作用などがありますが、日本人の多くは食物繊維不足、または水分不足によるものが多いのだそう。

 

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり水溶性食物繊維は分解されると腸内の善玉菌を増やして整腸作用を発揮します。

 

不溶性食物繊維は水分を含んで膨らむため、腸を活発にして余分なものの排出を促します。

 

割合としては、不溶性食物繊維2に対して水溶性食物繊維が1になるように摂取するのが理想だと言われています。

 

食物繊維をしっかり摂取していると言っても、どちらか一方に偏っているのであればそれも便秘の要因になるということです。

 

そんな便秘を改善するには、どんな解消方法があるんでしょうか。

 

次のページでは、解消に役立つ基本的な食事と水分の取り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す