バングラデシュの国旗は日本と似てるけれどずれてる?意味や由来は?

bangladesh-242450_1280

日本の南西に位置し、北と東西はインド、南東はミャンマーに面しているバングラデシュ。

 

バングラデシュという国名は、公用語であるベンガル語でベンガル人(バングラ)の国(デシュ)という意味になります。

 

バングラデシュの国旗は日本の国旗とほとんど似たデザインとなっているのが特徴的ですが、真ん中に日の丸がある日本とは違い微妙に中心からずれていますよね。

 

日本の国旗に似せているのか、それとも何か意味があるのかあまりよく知られていなかったりします。

 

そこで、今回はバングラデシュの国旗と日本の国旗の関係、意味や由来などについてご紹介します。

スポンサーリンク

バングラデシュの国旗は日本と似ている

 

バングラデシュの国旗は日本の国旗とよく似ていますが、日本で言う日の丸のような赤い丸はよく見ると左に少しだけズレています。

 

そして背景が真っ白の日本とは違い、濃い緑なのでかなりコントラストがハッキリとしています。

 

国旗の意味ですが、日本の場合日の丸は日の出を意味しその他にもエネルギー、博愛などを表し、白は純潔、神聖などを意味し紅白はおめでたい意味も持っています。

 

バングラデシュの国旗も赤い丸は昇っていく太陽の姿を表し、パキスタンから分離して独立した際に流した血を表すとも言われています。

 

そして、背景の緑は豊かな自然・緑の象徴となっています。

 

バングラデシュの国旗も、見た目のデザインは日本のものと似ていますが込められている意味は違うんですね。

 

ちなみにですが、もう一つ似た国旗でパラオのものがありますがパラオもバングラデシュ同様やや左側にずれた日の丸のようなものがあり配色だけが違う感じです。

 

黄色い丸は、太陽ではなく月を表し団結やプライド、収穫などを意味し背景のブルーはパラオの海や自然を表すのだそうです。

 

デザインが似ていても、少しずつ違う配色でその国の個性やポリシーをしっかり表しているんですね。

 

次のページでは、今のデザインで国旗が使われるようになった由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す