部屋で出来る寒さ対策とは?節約して使えるグッズはどれ?

winter-654442_1920

寒い冬の季節は暖房をつけて寒さをしのぐという人がほとんどだと思いますし、寒がりな人はそんな時期は暖房を付けっぱなしにして部屋から極力外に出ないという人も居ると思います。

 

ですが冬の期間中ずっと暖房に頼りっぱなしだと、乾燥が気になったり電気代や灯油代も気になってきます。

 

外は仕方ないとしても、部屋の中では少しでもより経済的に暖かく過ごせるほうが良いですよね。

 

そこで、今回は部屋で出来る対策と節約して使えるグッズについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

寒さ対策は床から始めるべき?

hardwood-923596_1920

空気には暖かい空気と冷たい空気がありますが、どちらも重さ自体は同じですが密度が違うので一方は軽く一方はそれよりも重くなります。

 

暖かい空気は密度が小さいので軽くて上に流れやすく、反対に冷たい空気は密度が大きいので重く下に流れます。

 

その為、床は冷たくなりやすく足元は体の部位でも特に寒さを感じやすい部分でもあります。

 

床がフローリングであれば更に冷えやすいので、マットやカーペットを敷いたり重ねて使うことで床からくる冷気を遮断して湿気を吸う効果も同時に得られるでしょう。

 

部屋のサイズに合う専用のマットを使うのも良いですが、部屋のサイズに関係なくカスタマイズできるタイプも人気です。

 

100円ショップで表面が絨毯のようなつなぎ合わせて使う正方形のタイルが売っているので、自分の部屋のサイズに合わせながら自由に組み合わせが出来るので便利ですね。

 

アルミの断熱シートや家に段ボールがあれば、それを床に敷き詰めるだけでも暖かさは違ってくるようです。

 

どうしても寒いという時は、何かしら床に敷いてまずは床から防寒対策をしていくことが大事です。

 

床の対策が出来たら、今度は冷たい空気が入ってきやすい窓の対策も必要になります。

 

次のページでは、窓の寒さ対策に良いプチプチについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す