abstract-1238248_1920

 

アンセリンとは、主に回遊魚の筋肉に含まれている成分の一つになります。

 

アミノ酸がいくつかつながってできたもので、アミノ酸とタンパク質の間ぐらいの役割をしている物質である「ペプチド」という成分が主になります。

 

アンセリンは長い距離を高速で泳ぐ魚の筋肉に含まれているように、高い運動能力の源となっていると注目の成分なんですね。

 

今回は、そんなアンセリンが持つ効果やカルノシンとの違い、副作用などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アンセリンが持つ効果とは?

 

salmon-585701_1920

 

アンセリンには、実に様々な効果があると言われ色々な分野で注目されている成分となっています。

 

アンセリンは、「イミダゾールペプチド」というペプチドの一種であり主に魚に含まれ、アンセリンと似たような働きをする「カルノシン」は鳥などに含まれ人間の体にも存在します。

 

カルノシンを摂取しても良いですが、アンセリンを摂取するほうが持続時間が高くなるのだそう。

 

加齢によって少しずつ減少しやすい成分でもあるので、積極的に摂取していくと良いと言われています。

 

◎アンセリンの主な働き

・素早い疲労回復効果

・老化の元となる活性酸素の除去

・血圧を下げる

・アレルギーや炎症を抑える

・尿酸値を下げる

 

これらの働きが期待できると言われていて、痛風の予防や症状改善、運動能力の維持と向上、生活習慣病の予防と症状改善、アンチエイジングにも良いそうです。

 

アンセリンと似た働きをするものとして、カルノシンという成分もありますが違いは一体何なんでしょうか。

 

次のページでは、カルノシンとの違いについてご紹介していきます。