アンデスメロンの食べ頃の見分け方は?旬の時期はいつ?

still-life-839954_1920

味や見た目が良い割に、比較的安価で手に入れやすいため人気の品種の一つであるアンデスメロン。

 

日本の品種である「コサック」やアメリカの品種である「リオゴールド」、イギリスの「アールスフェボリット」、アメリカ・メキシコの「ハネデュー」などの品種が交配されたメロンです。

 

春から夏にかけてが旬となるアンデスメロンの食べごろの見分け方がわかれば、よりおいしく食べることが出来るはずです。

 

スーパーなどで買っても、ちょうど食べごろになるまでには時間がかかるのですぐには食べられなかったり、あまり置き過ぎても熟れすぎて傷んでしまうので食べごろを判断するのはなかなか難しかったりしますからね。

 

そこで、今回はアンデスメロンの名前の由来や特徴、食べ頃の見分け方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アンデスメロンの名前の由来

france-808331_1920

アンデスメロンと言うとなんとなくアンデス地方が関係しているのかと思いきや、実は全く関係無いんだそうです。

 

由来は、「安心なメロン」から来ていると言われています。

 

メロンに多い病気にも強く、またどんな環境でも割と育てやすいということから色んな意味で安心と言うことで「安心ですメロン」と言う斬新な名前が候補となったそうです。

 

ですが、あまりにもネーミングセンスが無いため最終的にこの名前は却下となり別にふさわしい名前を考えていたところふと思付いたのだそうです。

 

メロンは、食べる時に芯を抜いてから食べることから真ん中の「しん」が外されてアンデスメロンになったんだとか。

 

確かに、安心ですメロンよりもアンデスメロンの方が覚えやすく呼びやすい名前ですよね。

 

そうして、今のアンデスメロンという名前になり全国的に広まるようになっていったそうです。

 

次のページでは、味や見た目の特徴と旬の時期についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す