amazonから不正アクセスのSMS?入力は避けて!

 

image1-3

先日のことなのですが、部屋の掃除をしていたところ突然スマホがチーン!と鳴りました。

 

そうです。これはSMSの通知音なのですが、毎月一回くらいauからお知らせメール的な感じで使われる以外に鳴ることはないものです。

 

利用ギガ数が超過するよ、もしくは超過したから制限がかかって通信速度が遅くなるよ、というお知らせなので月末くらいに来るのですがそのSMSが来たのは月末前でした。

 

なんのSMSだろうと思い、早速見てみて一瞬凍りつきました( ˙-˙ )

 

それは、「amazonから始まるメールアドレスで、内容は第三者によって不正アクセスが検知されたので確認してください。」という旨のもの。

 

え!そういえば最近アマゾン使ってないけど、流出したのかな?ログインしてみようかな?と思ったのですがそのままログインしなくて正解でした。

スポンサーリンク

実はamazonからのSMSではなかった

canal-175133_1920

 

SMSってあんまり届くことってないと思うので、急に来たらびっくりしますし内容によっては慌てることもありますよね。

 

私の場合も、auからしかSMSが届いたことがないのでau以外から届くとまずなんでスマホの番号を知っているのか疑問に思ってしまいます。

 

大体は、番号を知っているというよりは数字を無作為に組み合わせて送信できる宛先に送信しているようなのですが。

 

そして、私の場合は基本的にインターネットを使い過ぎた月末にauからお知らせが来るだけでそれ以外に来ることはありません。

 

例外として、たまに日頃使っているノートパソコンのインターネットの通信状況が悪い時などに、iphoneのテザリングを使って接続するのでそのせいで中旬くらいに超過してSMSが来ることもあるのですがそんな月は1、2回くらいしかありません。

 

届いたSMSを見てみると、「第三者による不正アクセスを検知したため支払い方法の再登録をお願いいたします。」とあり、その後にamazonのようなアドレスが書いているのですがここに注目です。

 

実は、よくよく見てみるとamazonsだったのです。しかも、amazons-co-jp.pwという謎のpwがついています。

 

pwというのは、どうやらパラオに割り当てられているドメインで個人が使うアドレスとして使われているものなのだとか。

 

でも一瞬見たらあのアマゾンだと思うレベルだと思います。それがSMSで届くので、余計に信じてしまいますよね。

 

ですが、実はアマゾンそっくりに作られた偽のサイトでフィッシングサイトになっているようです。

 

フィッシングサイトというのは、偽のメールを送って個人情報を入力させることでその情報を得るサイトのことですね。

 

よく、テレビでも職員宛てに来たメールを開封したら内部情報が漏れたとか問題になっていますがこれもフィッシング詐欺の一種になります。

 

次のページでは、ログインしてカード情報やパスワードを入力してはいけない理由について解説します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4



スポンサーリンク





スポンサーリンク

コメントを残す