A型肝炎のワクチンの効果とは?持続期間や必要な回数は?

bag-1209918_1920

 

仕事の関係で出向く時、観光目的の海外旅行などで発展途上国に行く機会は人によっては何度もあるという人も多いと思います。

 

A型肝炎は、基本的に先進国以外の地域ではほとんど感染の可能性があると考えた方が良いようです。

 

感染しても、治療を特にしなくても自然と治ることも多い病気ですが万が一重症化したら大変です。

 

前もって予防接種を受けておくことで感染を防ぐことが出来るので、備えあれば憂いなしですね。

 

そこで今回は、A型肝炎ワクチンの効果と持続期間、必要な回数などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

A型肝炎のワクチンの効果とは?

 

oil-in-water-1438445_1920

 

A型肝炎は、かつて日本でも集団でよく感染が確認されていたことがありましたがそれはまだ上下水道が整備されていない時代であったからです。

 

今では、水道も整備されてどこでも良質な水が手に入るようになってからは感染もほとんどなくなりました。

 

日本でも、未だに魚介類(特に牡蠣)の生食によってA型肝炎になることはありますがそれでも発展途上国ではそのリスクがかなり高くなります。

 

仕事や観光で発展途上国を訪れて、感染・発症して帰国後完治するまでに一カ月から二カ月かかってしまうのは避けたいものです。

 

万が一、感染してもワクチンを接種することが出来れば発症を防ぐことが出来るはずです。

 

ワクチンも必要な回数をこなさなければ十分に発症を防げないことがあるので、持続期間と必要な回数を確認しておく必要があります。

 

次のページでは、ワクチンが持続する期間の目安についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す