おすすめフリーメールアドレスのメリットデメリットを比較。危険性とは?

無料で使えるメールアドレスがあれば、どこに居てもインターネットに接続さえできればいつでもメールの送受信が出来ます。

 

無料で使えるメールアドレス、フリーメールアドレスにも色々と種類がありますがそれぞれ良さは違ってきます。

 

プライベート用に使う人も居れば、仕事用に使う人も居たり、どちらも使い分ける人も居ます。

 

いくつもアドレスがあればIDやパスの管理もその分大変になりますが、2つ3つくらいであれば目的によって使い分けると便利ですね。

 

今回は、お勧めのフリーメールアドレス、メリット・デメリットの比較、危険性についてご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめフリーメールアドレスはどれ?

 

フリーメールアドレスには、主にgmailやhotmail(現outlook)、yahooメール、biglobe、exciteメール、gooメールなどがあります。

 

この中でも、googleが提供する「gmail」、Microsoftが提供する「hotmail」、Yahoo!JAPANが提供する「yahooメール」は特に有名なので使って居る人は多いです。

 

世界のシェアも、大体この3つが占めていてgmailがそのうちの4割、hotmailが2割、yahooメールも2割弱、後はその他となっています。

 

世界シェアを見ても、gmailが圧倒的に人気なのが分かりますがそれには理由があります。

 

私自身実際にこれら上位3つのフリーメールアドレスを使っていて、仕事用でgmail、プライベート用でhotmailを、予備としてyahooメールを使っています。

 

yahooメールは、hotmailの緊急連絡先用として別のアドレスを登録しなくてはいけなかったのでその時に適当に作って登録したものなので使う頻度は少なめで、一番使っているのがgmail、その次がhotmailです。

 

これら3つのフリーメールアドレスはそれぞれ特徴が違うので、自分が最も使いやすいと思うものを選ぶと良いでしょう。

 

それぞれメリットデメリットがあるので、それらを参考に目的にあったものを使って見ると良いですね。

 

それでは、次のページではメリット・デメリットの比較についてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す