画面酔い(3D酔い)はなぜ起きる?原因・理由と治し方・未然に防ぐ対策

治し方・対処法

 

画面に酔ってしまった時の治し方ですが、そのまま続けて画面を見ていると症状はどんどん重くなっていきます。

そうなると、回復するまでに時間がかかるので出来るだけ早く中断するのが一番。

 

頭痛がめまいに変わり、めまいが吐き気に変わり、それが最終的に嘔吐につながることがあるのでそれを防ぐためにもなんだか気持ち悪いな…という段階で中断するほうが良いでしょう。

 

基本的には、少し休むことで症状は回復することが多いです。

どこを見つめるわけでもなく、ただ少し遠くをぼーっと眺めたり少し目を閉じてリラックスると良いですね。

 

また、目の疲れが溜まってくると画面酔いにつながることがあるので目の疲れを取ることも大事。

関連:眼精疲労の症状と改善方法とは?予防対策に欠かせない食べ物・グッズ

 

少し目元を温めたり冷やしたりしながら、マッサージするなどして疲れを癒すのも一つの手段です。

スポンサーリンク

あとは、気分転換に席を立って少し冷たいものを口にするのも良いでしょう。

あるいは、冷たく冷やしたタオルで顔全体を拭くとリフレッシュできることが多いですよ。

 

あまり体を動かせないくらい症状が酷い場合は、少し涼しいところで横になるほうが良いです。

 

それでもなかなか良くならない時は、部屋を真っ暗にして横になると段々回復してくるので辛い時は最初から横になって安静にしたほうが良いかもしれません。

 

出来るだけ画面酔いを防ぐためにも、色々な方法があるので酔ってしまったらそれはそれでしょうがないですが、なるべく酔わないようにするための対策は出来るだけしておきたいですね。

 

最後のページでは、画面酔いしない方法・防ぐ対策についてご紹介します。


PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す